第一生命、豪で買収へ 生保事業500億円規模

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス(HD)は、豪州の金融大手「サンコープ・グループ」から生命保険事業を買収する方針を固めた。

買収額は500億円規模になる見通し。9日にも発表する。

サンコープは死亡保険や所得保障保険など幅広い商品を提供しており、グループ内に広い顧客基盤を持つ。

第一生命HDは2011年に豪州王手生保の「TAL」を完全子会社化している。

TALとサンコープ生命保険事業との相乗効果を高め、豪州での事業拡大を目指す。

豪州は人口増加と安定的な経済成長が見込まれ、保険市場の拡大が期待されている。

ただ、豪州では金融機関に対する資本規制の強化を受け、大手銀行グループが生保事業を手放す動きが出ている。

このため、新たな収益源に育てようと日本の保険会社による進出が相次いでいる。

(読売新聞 2018/08/09)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-24

    ①ファーストアプローチの目的

    Ⅰ.一般的なコンサルティングセールスの基本形 この基本形を身につけるねらいは、営業サイクルに基づい…
  2. 2018-7-2

    柔軟な発想で将来見通し(日本生命役員インタビュー)

    生命保険会社は、顧客に約束した保障責任を全うすることが最大の使命だ。 今年3月、日本生命の執行役員…
  3. 2017-3-10

    手間をかける

    紹介をたくさんもらえる人の特徴は、「彼は頼りになる」といった紹介をされる人です。 信頼されている…
  4. 2018-7-17

    「健康・長生き」保険で後押し

    ​人生100年時代を迎え、健康に長生きしたい人を後押しする生命保険が相次いでいる。 第一生命保険は…
  5. 2018-11-15

    「節税保険」再ブーム過熱 日生の「発明」、国税庁は想定外

    「保険料を経費として計上できます。課税されず、必要なときに解約すればお金が戻ってきます」。 埼玉の…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る