第一生命、豪で買収へ 生保事業500億円規模

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス(HD)は、豪州の金融大手「サンコープ・グループ」から生命保険事業を買収する方針を固めた。

買収額は500億円規模になる見通し。9日にも発表する。

サンコープは死亡保険や所得保障保険など幅広い商品を提供しており、グループ内に広い顧客基盤を持つ。

第一生命HDは2011年に豪州王手生保の「TAL」を完全子会社化している。

TALとサンコープ生命保険事業との相乗効果を高め、豪州での事業拡大を目指す。

豪州は人口増加と安定的な経済成長が見込まれ、保険市場の拡大が期待されている。

ただ、豪州では金融機関に対する資本規制の強化を受け、大手銀行グループが生保事業を手放す動きが出ている。

このため、新たな収益源に育てようと日本の保険会社による進出が相次いでいる。

(読売新聞 2018/08/09)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-22

    団体年金の運用、相場下落に強く、明治安田が新商品

    明治安田生命保険は運用環境の変化に応じて柔軟に資産構成を入れ替える年金商品を開発した。 ​スポン…
  2. 2017-6-27

    年代によって変わる女性の健康問題

    ⼥性の健康問題は年齢によっていろいろ起こってきます。 妊娠・出産 不妊症 卵巣がん …
  3. 2017-4-27

    日本IBM、かんぽ支援 AIで保険金支払い査定

    日本IBMはかんぽ生命保険に対し、人口知能(AI)「ワトソン」を活用して保険金支払い審査業務の効率化…
  4. 2017-5-17

    健康データで保険商品

    経済産業省は、健康データを活用する保険商品の開発支援を始める。​ 生活習慣病の予防法確立などを目的…
  5. 2018-11-19

    明治安田や第一生命、米国で商業用不動産投資 子会社通じ

    ​明治安田生命保険と第一生命保険は今秋から、米国のそれぞれの子会社を通じて、相次いで商業用不動産分野…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る