長寿化 変わる保険(来春にも料率改定)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や人生80年とも90年ともいわれる長寿社会となった。

それを受け、生命保険各社は来春にも保険料を改める。

スポンサーリンク


​一定期間内に死亡した際に保険金を支払う定期型の保険料は下がる反面、病気にかかるリスクの高まりを反映して医療保障など生きるための保険料には上昇圧力がかかる。

一方、契約者側も生存中のリスクに備える商品に軸足を移し始めている。

生保も契約者も保険の損得勘定が問われる。

 

長生きするほど生きるためのリスクが高まる実態を映し、医療保険などの保険料は理屈上、高まる。

だが医療保険は新規契約が見込める成長分野なだけに、生保各社がそろって値上げをするとは考えにくい。

生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命社長)も「各社で対応がばらける可能性がある」とみる。

生保各社にも契約者にも押し寄せる長寿化の波。

生命表は、その現実を改めて数値で突きつける。

改定は自ら必要とする備えについて考えるいい機会といえそうだ。

(日本経済新聞 2017/07/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-23

    ① 公的年金の全体像

    1.公的年金制度の基礎知識 ① 公的年金の全体像 公的年金の3つの給付 公的年金の全体像からご説…
  2. 2017-3-3

    2.老後生活資金の準備について

    人生のリスク、保険設計をするうえで考えなければならない2つのリスクがあります。 まず1つ目は、早期…
  3. 2018-5-31

    保険の銀行窓販、曲がり角、5大銀、昨年度1割減、貯蓄性商品乏しく

    銀行による保険や投資信託の窓口販売が曲がり角にさしかかっている。 保険窓販は銀行大手5グループの合…
  4. 2017-3-27

    大手生保4G 外貨建て投入 相次ぐ

    大手生命保険4グループ(4G)は、2017年度の金融機関窓口販売戦略を見直している。  4G合計の…
  5. 2017-5-8

    夫婦の小遣い懐寒し 07年以来最低2万5082円

    ​明治安田生命がまとめた「家計」に関する調査によると、夫婦が自由に使えるお小遣いの月額は平均2万50…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る