明治安田や第一生命、米国で商業用不動産投資 子会社通じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険と第一生命保険は今秋から、米国のそれぞれの子会社を通じて、相次いで商業用不動産分野への投資を始める。

海外不動産への投資は収益性の見極めが難しいが、買収した子会社のノウハウを活用する。

低金利で国債への投資が難しいなか、少しでも高い利回りが見込める分野に資金を回す。

​明治安田が200億円、第一生命が100億円をそれぞれ拠出する。

いずれも同様の仕組みで、傘下の米生保が商業用不動産向けローンを組成し、その債権に対し、ファンドを通じてそれぞれ投資する形となる。

数年前に相次いだ国内生保の大型買収の効果が運用面でも出始めたといえる。

明治安田は2016年に米生保のスタンコープを約6200億円で、第一生命は15年にプロテクティブを約5700億円で買収した。

両社は米国内で1件あたり10億円未満の小規模施設への投資を得意とする。

プロテクティブでは今後高齢化に従い需要増が見込める介護施設なども対象とする予定だ。

複数の小口物件に投資することで、ローンの返済の延滞など1件あたりのリスクを抑えつつ、投資先を広げられる。

(日本経済新聞 2018/11/19)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-19

    分散型台帳に健康情報 FiNC、保険商品開発に活用

    スマートフォン(スマホ)用ヘルスケアアプリを提供するFiNC(フィンク、東京・千代田)はブロックチェ…
  2. 2017-12-22

    金剛保険 預金支社長ら引き出し 個人口座に分散、隠匿か

    在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の保険会社「金剛保険」を巡る強制執行妨害事件で、整理回収機構の差し…
  3. 2018-10-12

    地方創生支援 山梨県と連携 明治安田生命

    明治安田生命は11日、山梨県と地方創生を支援する包括連携協定を締結した。 同県内に260人いる明治…
  4. 2018-3-8

    死亡保険 各社大幅値下げ

    ​生命保険各社がこの春、死亡保険料を大幅に下げる。 長寿化で保険期間中に亡くなる人が減る傾向にあり…
  5. 2017-2-24

    ①ファーストアプローチの目的

    Ⅰ.一般的なコンサルティングセールスの基本形 この基本形を身につけるねらいは、営業サイクルに基づい…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る