明治安田や第一生命、米国で商業用不動産投資 子会社通じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険と第一生命保険は今秋から、米国のそれぞれの子会社を通じて、相次いで商業用不動産分野への投資を始める。

海外不動産への投資は収益性の見極めが難しいが、買収した子会社のノウハウを活用する。

低金利で国債への投資が難しいなか、少しでも高い利回りが見込める分野に資金を回す。

​明治安田が200億円、第一生命が100億円をそれぞれ拠出する。

いずれも同様の仕組みで、傘下の米生保が商業用不動産向けローンを組成し、その債権に対し、ファンドを通じてそれぞれ投資する形となる。

数年前に相次いだ国内生保の大型買収の効果が運用面でも出始めたといえる。

明治安田は2016年に米生保のスタンコープを約6200億円で、第一生命は15年にプロテクティブを約5700億円で買収した。

両社は米国内で1件あたり10億円未満の小規模施設への投資を得意とする。

プロテクティブでは今後高齢化に従い需要増が見込める介護施設なども対象とする予定だ。

複数の小口物件に投資することで、ローンの返済の延滞など1件あたりのリスクを抑えつつ、投資先を広げられる。

(日本経済新聞 2018/11/19)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-29

    シンガポールで保険販売(ソニー生命 共同出資でショップ)

    ソニー生命は2018年夏にも、シンガポールで様々な保険会社の商品を販売する保険ショップ事業を始める。…
  2. 2018-11-26

    生保業績「外貨建て」左右 4~9月12社増収

    ​国内の主な生命保険会社の2018年4~9月期決算が22日、出そろった。 売上高に相当する保険料等…
  3. 2017-8-3

    AI 保険商品開発に生かす かんぽ生命社長

    ​かんぽ生命保険の植平光彦社長は2日、3月に導入した日本IBMの人口知能(AI)「ワトソン」を、新し…
  4. 2017-3-1

    5.事業承継期

    企業の事業承継について現状をみると、社長の平均年齢は58.9歳と年々上昇し、60歳に近づいてきていま…
  5. 2018-3-15

    総合職初任給、来春値上げ(明治安田生命)

    ​明治安田生命保険は2019年4月から、総合職の初任給を11年ぶりに引き上げる方針だ。 「全国型」…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る