明治安田や第一生命、米国で商業用不動産投資 子会社通じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険と第一生命保険は今秋から、米国のそれぞれの子会社を通じて、相次いで商業用不動産分野への投資を始める。

海外不動産への投資は収益性の見極めが難しいが、買収した子会社のノウハウを活用する。

低金利で国債への投資が難しいなか、少しでも高い利回りが見込める分野に資金を回す。

​明治安田が200億円、第一生命が100億円をそれぞれ拠出する。

いずれも同様の仕組みで、傘下の米生保が商業用不動産向けローンを組成し、その債権に対し、ファンドを通じてそれぞれ投資する形となる。

数年前に相次いだ国内生保の大型買収の効果が運用面でも出始めたといえる。

明治安田は2016年に米生保のスタンコープを約6200億円で、第一生命は15年にプロテクティブを約5700億円で買収した。

両社は米国内で1件あたり10億円未満の小規模施設への投資を得意とする。

プロテクティブでは今後高齢化に従い需要増が見込める介護施設なども対象とする予定だ。

複数の小口物件に投資することで、ローンの返済の延滞など1件あたりのリスクを抑えつつ、投資先を広げられる。

(日本経済新聞 2018/11/19)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-2

    ②お金をふやす

    3つのテーマですが、最初『ふやす』というところから見ていきます。 ふやす時に、ここで大事なのは、『…
  2. 2017-8-23

    就業不能保険への参入相次ぐ

    ​病気やケガなどで働けなくなると保険金が出る「就業不能保険」への生命保険各社の参入が相次いでいる。 …
  3. 2017-3-6

    1.生命保険を活用した相続(税)対策パターン

    生命保険を活用した相続(税)対策パターンは大きく分類すると下記の3パターンになります。 各パターン…
  4. 2018-7-11

    アクサ生命、医療保険に支援メニュー 病気の重症化・再発予防

    ​​アクサ生命保険は10日、保険の引き受け基準を緩和した限定告知型終身医療保険「スマート・ケア wi…
  5. 2017-3-5

    お客さまが喜ぶことこそ、自分にメリットがある

    人間は変化を嫌います。 あらゆる仕事のプロセスは、始めたときには、必要性があって始められています。…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る