認知症支える保険続々(メットライフや東京海上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症を対象とした商品を保険会社が充実させている。

​メットライフ生命は7月、認知症と診断された時点で一時金を支払う業界初の商品を発売する。

東京海上日動(損保)も認知症患者の捜索費などを補償する保険の加入対象を小規模事業者に広げる。

高齢化に伴い認知症患者は増加が続く見込みで、対応する保険商品へのニーズが高まっている。

認知症に特化した商品はT&Dホールディングス傘下の太陽生命が昨年3月に発売し、5月時点での契約数は20万件を超えた。

朝日生命も昨年4月に取り扱いを始め、3月末で契約数は4万1千件と想定を大きく上回る。

(日本経済新聞 2017/06/29)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-23

    ③ 老齢基礎年金・老齢厚生年金

    1.公的年金制度の基礎知識  ③ 老齢基礎年金・老齢厚生年金 老齢基礎年金 国民年金は、20歳か…
  2. 2017-5-25

    生保4社2.7兆円減収

    ​日本生命など大手4社の2017年3月期決算は、売上高に当たる国内の保険料等収入が前の期に比べ16%…
  3. 2017-6-8

    保険料 健康に応じて変動(Behind the Curtain金融商品値決めの舞台裏)

    ネオファースト生命が大手生保で初めて商品化したのは、健康状態に応じて保険料を割り引いたり割り増しした…
  4. 2017-5-9

    超低金利時代に耐える商品を

    日本生命保険の筒井義信社長が8日、朝日新聞のインタビューに応じ、「超低金利時代にも耐えうる新しい保険…
  5. 2017-5-26

    生保17年3月期 9社減収、6社減益 マイナス金利で運用苦戦

    ​主要生命保険12社の2017年3月期連結決算が25日、出そろった。売上高に当たる保険料等収入は9社…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る