認知症支える保険続々(メットライフや東京海上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症を対象とした商品を保険会社が充実させている。

​メットライフ生命は7月、認知症と診断された時点で一時金を支払う業界初の商品を発売する。

東京海上日動(損保)も認知症患者の捜索費などを補償する保険の加入対象を小規模事業者に広げる。

高齢化に伴い認知症患者は増加が続く見込みで、対応する保険商品へのニーズが高まっている。

認知症に特化した商品はT&Dホールディングス傘下の太陽生命が昨年3月に発売し、5月時点での契約数は20万件を超えた。

朝日生命も昨年4月に取り扱いを始め、3月末で契約数は4万1千件と想定を大きく上回る。

(日本経済新聞 2017/06/29)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-8

    日本における介護の実態

    介護の現状を見る中で、どのようなリスクやニーズがあるのか、考えて見たいと思います。 要介護、要支援…
  2. 2018-8-9

    営業にAIタブレット 太陽生命、音声で保険加入手続き

    ​太陽生命保険は7日、営業職員無権に人工知能(AI)を搭載したタブレット端末を今月中に導入すると発表…
  3. 2017-3-3

    ⑤入院時のその他の費用

    入院時食事療養費 入院時の食事は現物給付されますが、一部分の金額は自己負担となります。1食360円…
  4. 2017-2-28

    1.見込客づくり

    ポイントは、ともかく自分が出会う全ての人が見込客であるという認識を持つことが重要です。 保険の仕事…
  5. 2018-4-11

    社員に健康意識醸成 端末提供やポイント制導入

    生命保険各社が、社員の健康意識醸成に取り組んでいる。 健康経営を中期経営計画に盛り込む生保も増加。…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る