富国生命子会社、信金向け認知症保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国生命保険傘下のフコクしんらい生命保険(東京)は16日、信用金庫での窓口販売向けに、認知症になった場合に給付金を支払う保険を発売すると発表した。

フコクしんらい生命によると、信金で認知症保険が扱われるのは初めてという。

4月から全国の74信金で販売を始める。

死亡保険の特約の形で契約する。

認知症と診断された際や、介護が必要となった際に一時金を支払う。

保険料は、認知症の給付金が100万円のコースで、契約年齢が60歳の場合、男性が月1万1,993円、女性は月6,932円。

​フコクしんらい生命保険のニュースリリースはこちら

https://www.fukokushinrai.co.jp/company/news/assets_c/180216.pdf

(フジサンケイビジネスアイ 2018/02/17)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-17

    生保、地銀に統治改善促す

    「物言わぬ株主」ともされてきた大手生命保険会社が、地方銀行に企業統治(ガバナンス)の改善を促し始めた…
  2. 2017-3-9

    第27回読者が選ぶネーミング大賞に日本生命保険の「グランエイジ」

    人生100年生き生きと グランは「雄大・壮大」を表す「グランド」のフランス語読み、エイジは「年齢・…
  3. 2018-4-20

    第一生命HD・稲垣社長「健診割引に期待」

    ​第一生命ホールディングス(HD)の稲垣精二社長フジサンケイビジネスアイのインタビュー 2027年…
  4. 2018-4-26

    シニア顧客に専門部隊 生保が高齢者対策

    生命保険各社は「人生100年時代」と言われる高齢社会の進展を見据え、シニア顧客へのサービスを強化して…
  5. 2017-2-21

    8.希少性と高い価値をつける

    生命保険商品の場合、人気がありすぎて、手に入るのが3ヶ月待ちですなどという物はありません。 メーカ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る