認知症対応商品を積極開発 保険各社、賠償請求の高額補償など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症の患者数が増える中で、保険各社が治療や介護のための出費に備えた商品を積極的に開発、販売している。

​太陽生命は、「ひまわり認知症治療保険」を16年3月に発売した。

症状が180日続くなどした場合、一時金として最高300万円を受け取れる。

関連商品と合わせ、今年6月時点で約22万件販売した。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、17年4月に一部の医療保険に付加できる「介護一時金特約」を発売した。

認知症などで介護保険制度の要介護1以上に認定されるといった場合に一時金(10万円~500万円)を受け取れる。

(フジサンケイビジネスアイ 2017/07/04)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-8-21

    欧で保険比較サイト計画 米アマゾン、金融サービス参入視野

    米アマゾン、金融サービス参入視野。 米インターネット通信最大手アマゾン・ドット・コムは、欧州の複数…
  2. 2018-3-28

    2100人分業務 5年で削減

    第一生命ホールディングス(HD)は2023年までに2100人分の業務を削減する方針だ。 業務を自動…
  3. 2017-2-22

    8.みなし相続財産

    みなし相続財産とは 相続税の手続きにおいては被相続人の財産ではないにも関わらず相続財産として相続税…
  4. 2017-8-3

    意見交換会で提起した論点を公表

    金融庁は​7月7日、業界団体との意見交換会で提起した論点を公表した。 生保協会及び生損保両協会共通…
  5. 2017-2-24

    ①申込手続き&ポリシーレビューの目的

    4.申込手続きとポリシーレビューの流れとポイント  ①申込手続き&ポリシーレビューの目的 ポリシー…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る