認知症対応商品を積極開発 保険各社、賠償請求の高額補償など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症の患者数が増える中で、保険各社が治療や介護のための出費に備えた商品を積極的に開発、販売している。

​太陽生命は、「ひまわり認知症治療保険」を16年3月に発売した。

症状が180日続くなどした場合、一時金として最高300万円を受け取れる。

関連商品と合わせ、今年6月時点で約22万件販売した。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、17年4月に一部の医療保険に付加できる「介護一時金特約」を発売した。

認知症などで介護保険制度の要介護1以上に認定されるといった場合に一時金(10万円~500万円)を受け取れる。

(フジサンケイビジネスアイ 2017/07/04)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-4

    外資生保、日本に熱い視線 2社に聞く

    日本の生命保険市場は、米国に次ぐ世界第2位の規模を持つ。少子高齢化が進む成熟市場だが、実績のある外資…
  2. 2018-12-13

    生保各社、外貨建て保険の利回り見える化 ガイドライン改定へ

    利回り見える化 日本生命保険や第一生命ホールディングスなど生保各社は、運用商品に近い性質を持つ外貨建…
  3. 2017-2-28

    時間

    私は、人生でもっとも大事なものは「時間」だと思っています。 確かに若いうちはそんなことを考えてはい…
  4. 2018-10-22

    生活習慣病予防サービス、保険、異業種と連携

    生活習慣病の予防サービスで、保険会社が異業種と連携している。 SOMPOホールディングスは東芝と共…
  5. 2018-4-24

    JDD・みんかぶ、保険版ロボアド開始 専用サイトで最適商品

    三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社ジャパンデジタルデザイン(JDD)とみんかぶは23日、保険…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る