認知症対応商品を積極開発 保険各社、賠償請求の高額補償など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症の患者数が増える中で、保険各社が治療や介護のための出費に備えた商品を積極的に開発、販売している。

​太陽生命は、「ひまわり認知症治療保険」を16年3月に発売した。

症状が180日続くなどした場合、一時金として最高300万円を受け取れる。

関連商品と合わせ、今年6月時点で約22万件販売した。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、17年4月に一部の医療保険に付加できる「介護一時金特約」を発売した。

認知症などで介護保険制度の要介護1以上に認定されるといった場合に一時金(10万円~500万円)を受け取れる。

(フジサンケイビジネスアイ 2017/07/04)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-13

    保険比較開発 内外から批判 アイリックコーポレーション社長 勝本竜二さん 「顧客第一」貫き成長

    勝本さんは保険代理店を設立し、「本当に必要な情報を顧客は受け取っているのか」という思いから、各社の契…
  2. 2018-4-24

    保険会社、海外人材を育成

    ​保険会社がグローバル人材の育成に乗り出している。 日本人社員の育成やグローバルな人材交流を通じ、…
  3. 2017-3-14

    こんなに多い不眠症

    日本人の、約3割が眠れない、約1割が「不眠症」と言われています。  生命保険を勧めるに当っても、睡…
  4. 2017-3-10

    人と自分は違う

    人と自分は違う かつて単独営業マンだったころ、上司に、営業の1から10まできめ細かく教えられたこと…
  5. 2017-8-22

    日生、外貨建てで運用 生存給付金付き変額保険

    日本生命保険は21日、外貨建ての生存給付金付き変額保険を10月に発売すると発表した。​ 保険料を一…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る