認知症対応商品を積極開発 保険各社、賠償請求の高額補償など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症の患者数が増える中で、保険各社が治療や介護のための出費に備えた商品を積極的に開発、販売している。

​太陽生命は、「ひまわり認知症治療保険」を16年3月に発売した。

症状が180日続くなどした場合、一時金として最高300万円を受け取れる。

関連商品と合わせ、今年6月時点で約22万件販売した。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、17年4月に一部の医療保険に付加できる「介護一時金特約」を発売した。

認知症などで介護保険制度の要介護1以上に認定されるといった場合に一時金(10万円~500万円)を受け取れる。

(フジサンケイビジネスアイ 2017/07/04)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-7

    「健康増進」企業対象に 団体保険を「割引」 メンタル含め障害所得補償

    「健康経営」を実践する企業に対し、「団体長期障害所得補償保険」(GLTD)を割引 損保ジャパン日本…
  2. 2018-1-17

    日生、社内トライアル 唾液でがん診断

    日本生命保険は唾液でがんの罹患リスクをチェックする検査機器「サリバーチェッカー」の社内トライアルを開…
  3. 2017-3-8

    貯蓄性商品 保険料上げ 生保各社来月 運用利回り低迷

    生命保険各社は4月以降、「貯蓄性商品」の保険料値上げに一斉に踏み切る。 保険料の運用利回り低迷が背…
  4. 2017-6-21

    健保 生保が助っ人(明治安田や日生 従業員の健康指導)

    生命保険会社が企業や健康保険組合向けに、医療データを活用して従業員の健康改善を指導するサービスを相次…
  5. 2017-12-22

    保険の銀行窓販解禁10年(全体の1割にとどまる)

    銀行窓口での保険商品販売が全面解禁され、22日で10年を迎える。 取り扱う商品の幅は広がってきたが…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る