日本の変額年金事業で準備金過剰(メットライフ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米保険会社メットライフは1日、日本の変額年金に関し内部統制上の重大な不備が発覚したと発表した。

同社は1カ月ほど前にも、年金事業で会計報告上の問題を明らかにしていた。

​発表によると、同社は日本の変額年金事業に対する準備金が過剰だったとして、この一部を取り崩した。

この調整は顧客の支払いには影響せず、2017年通期の最終利益を2億6400万ドル(約280億円)押し上げた。

同社は届出で、米証券取引委員会(SEC)が調査中であることを明らかにした。

同社は昨年12月、一部の年金顧客と連絡が取れず、SECや州規制当局から調査を受けていることを明らかにしていた。

同社は、この問題のために準備金を積み増さなければならなかった。

また今年の1月には、この年金情報開示に関して内部統制上の重大な不備があったと発表していた。

今回の発表は、過去の合弁から引き継いだ変額年金に関するもので、現在はメットライフ・ホールディングスの下にある。

余剰準備金はプラスにみえるかもしれないが、規制当局は保険会社が業績が厳しいときに取り崩すための資金を蓄積するなど、特定目的を満たす積み立てを行わないよう確認を行っている。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/03/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-22

    保険の銀行窓販解禁10年(全体の1割にとどまる)

    銀行窓口での保険商品販売が全面解禁され、22日で10年を迎える。 取り扱う商品の幅は広がってきたが…
  2. 2018-1-15

    貯蓄型保険販売 外貨建てを軸に(明治安田生命)

    明治安田生命保険は、今後の貯蓄型保険の販売の主力を「外貨建て」に移す方針だ。 円建ての貯蓄型保険は…
  3. 2018-9-21

    診断の遅れ、保険で減らす 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命大場社長インタビュー

    超高齢社会になりました。長寿は喜ばしいですが、長生きのリスクに直面するようになりました。 生命保険…
  4. 2017-4-27

    生保9社 国内債券離れ続く

    国内主要生命保険9社の2017年度資産運用方針が26日までに出そろい、5社が国内債への投資を減らすと…
  5. 2018-12-4

    第一生命、自社の不動産を起業支援施設に

    第一生命保険は自社で持つ不動産をベンチャー企業の起業支援施設として活用する。 運営会社と組んで12…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る