日本の変額年金事業で準備金過剰(メットライフ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米保険会社メットライフは1日、日本の変額年金に関し内部統制上の重大な不備が発覚したと発表した。

同社は1カ月ほど前にも、年金事業で会計報告上の問題を明らかにしていた。

​発表によると、同社は日本の変額年金事業に対する準備金が過剰だったとして、この一部を取り崩した。

この調整は顧客の支払いには影響せず、2017年通期の最終利益を2億6400万ドル(約280億円)押し上げた。

同社は届出で、米証券取引委員会(SEC)が調査中であることを明らかにした。

同社は昨年12月、一部の年金顧客と連絡が取れず、SECや州規制当局から調査を受けていることを明らかにしていた。

同社は、この問題のために準備金を積み増さなければならなかった。

また今年の1月には、この年金情報開示に関して内部統制上の重大な不備があったと発表していた。

今回の発表は、過去の合弁から引き継いだ変額年金に関するもので、現在はメットライフ・ホールディングスの下にある。

余剰準備金はプラスにみえるかもしれないが、規制当局は保険会社が業績が厳しいときに取り崩すための資金を蓄積するなど、特定目的を満たす積み立てを行わないよう確認を行っている。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/03/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-13

    医療保険、長寿化でも値上げ見送り

    医療保険が主力の保険会社の間で保険料を引き下げたり、据え置いたりする動きが相次いでいる。 死亡率の…
  2. 2017-3-3

    3.生活水準保障の必要性

    重い病気にかかるとどうなってしまうのかというと、「入院や療養による休職」や「配置転換」「時短勤務」な…
  3. 2017-5-17

    太陽生命が「赤ひげ大賞」特別協賛

    太陽生命は16日、地域で貢献的な医療活動に取り組む医師を顕彰する第6回「日本医師会 赤ひげ大賞」(主…
  4. 2017-4-17

    日本生命、劣後債1000億円発行

    日本生命は13日、国内の機関投資家向けに劣後債を1000億円発行すると発表した。 ​2020年度末…
  5. 2017-6-2

    ひまわり生命 全社員対象に郊外療養を導入

    ​損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が、今年度から全社員を対象に郊外で療養する「クアオルト」を導入…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る