日生アンケート、将来不安から増額傾向 ゆとり老後月35万円必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

18日の敬老の日を前に、日本生命は8日、老後の生活に関する契約者へのアンケート結果を発表した。

将来不安の高まりを背景に、ゆとりある老後生活費は前年調査よりも高い金額を回答するケースが目立った。

​夫婦2人世帯の場合、最も多かったのは「35万円以上」(44.1%)で、前年よりも2割超増えた。

単身世帯では、最も多かったのが「20万~24万円」(38.4%)で前年からほぼ横ばいだった。

総務省家計調査によると、65歳以上の勤労者世帯の税・社会保険料を含めた実支出は付き約33万円。

一方、厚生労働省の2013年就労条件総合調査によると、1人当たり平均退職金額は勤続35年以上の大卒者で2156万円と、08年から1割減った。

​日本生命ニュースリリース

http://www.nissay.co.jp/news/2017/pdf/20170908.pdf

(フジサンケイビジネスアイ 2017/09/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-28

    1.生命保険は残されたご家族のその後の生活を支える

    平成26年簡易生命表の概況によると日本の男性の平均寿命は80.50歳、女性は86.83歳となっていま…
  2. 2017-4-27

    生保の資産運用 脱「安全志向」

    高リスク投資、各社が組織再編 ​低金利による運用難に苦しむ生命保険各社が、リスクの高い投資を専門に…
  3. 2017-4-24

    「生命保険販売の心理学」 アマゾンKindle版 で新刊公開しました!

    「生命保険販売の心理学」~人の心を動かし購買行動を喚起する法則 商品の説明 内容紹介 生命保険営…
  4. 2018-4-16

    アフラック社長古出真敏氏、事業戦略にスピード感

    アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が今月から、日本法人化し「アフラック生命保険」として再スタ…
  5. 2018-12-11

    第一生命、企業年金向けに高収益商品

    「特別勘定特約 第3総合口」 企業が将来の年金額を社員に約束する「確定給付企業年金」…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る