乗合代理店報酬にメス 過度なキャンペーン抑制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険業界で2018年から、保険ショップなど乗合代理店報酬を見直す動きが広がりそうだ。

生命保険協会が17年12月に「保険募集人の体制整備に関するガイドライン」を改正し、各社に過度なインセンティブの提供を抑制するよう求めているため。

金融庁が掲げる「顧客本位の業務運営」に沿って業界で歩調を合わせる。

特に見直しが必要なのが、期間を限定して行うキャンペーン時のインセンティブ報酬だ。

一部保険会社で乗合代理店に対して、高価な販促品を提供したり、販売増強に伴う募集人採用の費用を負担する例がある。

スポンサーリンク


同じ商品の手数料が通常月とキャンペーン月では1.5~5倍違うケースもみられるという。

この現状を受け、生保協はガイドラインを改正。生保には、代理店向けの表彰や研修など金銭以外のインセンティブが顧客にとって合理的かを適切に説明するよう促している。

また、乗合代理店に対しても、一定期間中の特定商品の上乗せ手数料や、手数料規定が販売量に偏重した基準に設定してある商品は、掲示・推奨理由を説明すべきと指摘する。

銀行界は16年10月、変額保険や外貨建て保険といったリスク商品の手数料を自主開示。

顧客が商品を選ぶ判断材料のひとつとして定着してきた。

ただ、乗合代理店は多くが開示しておらず、「手数料の高い商品を故意に勧めているのでないか」との疑念が聞かれる。

金融庁も17年10月に公表した16事務年度・金融レポートで「インセンティブ報酬の原資は保険料であり、”質・量”とも契約者に適切に説明できる合理的なものにする必要がある」としている。

(ニッキン  2017/12/28)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-4

    外資生保、日本に熱い視線 2社に聞く

    日本の生命保険市場は、米国に次ぐ世界第2位の規模を持つ。少子高齢化が進む成熟市場だが、実績のある外資…
  2. 2017-9-28

    広がる「親介護保険」 別居も補償 離職の抑制期待

    親が要介護になった場合に補償金が支払われる「親介護保険」が広がり始めている。 介護に伴う経済的負担…
  3. 2017-2-27

    1.会う回数が多いほど親しくなる

    これは有名なザイオンス効果といわれるものですね。 人は人と出会う回数が多くなればなるほど、緊張せず…
  4. 2018-3-26

    日本生命 糖尿病予備軍向けの予防プログラム

    ​日本生命保険は23日、生活習慣病の重症化予防プログラムの研究・開発に取り組む計画を発表した。 第…
  5. 2018-4-27

    日生、子ども向け保険を三井生命に供給

    ​​日本生命保険と三井生命保険は25日、日本生命の子どもの教育資金などに備える商品「ニッセイ学資保険…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る