乗り合い代理店へ高額手数料 生保各社が自粛方針

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生保各社は、保険の乗り合い代理店に対する過度な手数料支払いを自粛する方針を固めた。

自社の商品を積極的に売ってもらうため過剰に手数料を支払い、代理店もそうした商品を優先して売る面があるとして、金融庁が問題視していた。
 
​各社がつくる生命保険協会がガイドラインを改定し、近く公表する。

代理店には本来、顧客に最適な保険を勧めることが求められるが、手数料の多さによって商品の勧め方が変われば、顧客本位に沿わないとの指摘があった。

各社は、特定商品について一定期間の販売成果に対して手数料を上乗せしたり、一定の販売量を超えた場合に加算したりする販売促進策を自粛する。

また、代理店従業員の「表彰」や「研修」といった名目で行われる旅行の代金を負担する行為も見直す方針だ。

(朝日新聞  2017/12/14)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-18

    日生の営業、AIタブレットで 来春めど、職員5万人に

    日本生命保険は、顧客に最もふさわしい商品や特典をAI(人工知能)が自動で判断するタブレット端末を、す…
  2. 2018-7-10

    “線虫がん検査”解析数アップ 日立、新装置開発 1日に検体100以上

    日立製作所は4日、体長約1ミリの線虫に人の尿の臭いを嗅がせ、その反応からがんを発見する検査向けの自動…
  3. 2017-3-1

    2.創業期

    法人にも人と同じように創業して、生まれて成長し、成熟して次世代にバトンタッチするというようなライフサ…
  4. 2017-3-15

    セカンドオピニオンで助かった、陽子線(先進医療)による膀胱がん治療

    68歳の男性です。膀胱がんと診断され、膀胱全摘術をして人工膀胱を作る必要があるといわれましたが、セカ…
  5. 2017-6-21

    外貨建て保険に太陽生命が参入

    T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険は7月から、外貨建ての個人年金保険の取り扱いを始める。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る