明治安田、議決権行使結果を全面開示へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険は2018年度から株主総会で投じた個別議案に対する賛否の結果について、全面的に開示する。

17年度から一部の投資先について開示を始めており、企業側の理解が進んだと判断した。

​根岸秋男社長が日本経済新聞の取材で明らかにした。

明治安田は昨年度、運用実績が利回りに反映される「特別勘定」の投資先に対する議決権行使結果を開示した。

今年度からはさらに、一定額の支払いを保証する「一般勘定」の投資先についても開示する方針だ。

3月末時点の投資先は一般勘定で1057社、特別勘定で423社。

6月の株主総会で投じた個別議案の賛否は、9月をメドに公表する。

根岸社長は「特別勘定では投資顧問会社などに近い投資基準を設けているが、一般勘定は超長期での継続保有を前提としている」と投資姿勢の違いについて説明。

そのうえで「社外取締役の数やガバナンスなど、企業価値向上に照らして機関投資家として対話を進める」とした。

2014年に導入された「日本版スチュワードシップ・コード」は機関投資家に対し、投資先との対話を通じて企業価値の向上を後押しするよう求めた。

株主総会議案に対する賛否の開示はそのための手段と位置づけられる。

(日本経済新聞 2018/04/26)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-28

    2100人分業務 5年で削減

    第一生命ホールディングス(HD)は2023年までに2100人分の業務を削減する方針だ。 業務を自動…
  2. 2017-2-21

    5.自分と未来は変えられる

    自分で変えられるもの・・・思考・行動・未来 自分で変えられないもの・・・感情・他人・過去 アメリ…
  3. 2017-8-16

    日本郵政、減収増益 4~6月期

    日本郵政が10日発表した平成29年4~6月期連結決算は、売上高に相当する経常収益が前年同期比3.0%…
  4. 2018-2-19

    生損保「人材確保は地方で」 相次ぐ機能移転、手厚い誘致策も奏功

    大規模災害に備えたリスク分散を目的に、生損保などが基幹業務の一部を相次いで地方に移転している。 東…
  5. 2017-3-7

    都・民間、分野またぎ協定、健康増進や働き方、まず第一生命と

    東京都は民間企業・団体と複数の政策分野にまたがって連携を進める「ワイドコラボ協定」と呼ぶ取り組みを始…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る