議決権の開示 悩む運用会社(日生、当面見送りへ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資先企業の株主総会で行使した議決権の個別開示をめぐり、日本生命は4日、開示を見送る方針を明らかにした。

​長期保有が前提で、開示内容自体が株式の売買材料になることへの懸念などが理由だ。

企業との対話が阻まれるのを嫌う一部の運用会社も個別開示に慎重だ。

金融庁は原則、個別開示を求めているが、大手機関投資家で対応が分かれている。

大手生保では第一生命と住友生命が先行して個別開示に全面的に応じる方針を表明。

今秋をメドに行使結果を表明する。

明治安田生命もまず運用実績が利回りに反映される「特別勘定」で個別開示を検討する。

(日本経済新聞  2017/07/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-28

    3、ファーストアプローチ(初回面談)

    初めて見込み客に会う段階では、個別のニーズについて話をするわけにはいきません。 まずは、年代であっ…
  2. 2018-4-23

    第一生命HD、楽天と提携

    第一生命ホールディングス(HD)が、楽天子会社の楽天生命保険と業務提携することが20日、分かった。 …
  3. 2017-5-8

    脱転勤へ地域社員の待遇改善 明治安田生命

    国内は少子化で労働人口が年々減少し、都市圏への人口集中と地方の過疎化が進む。 全国に拠点を置く企業…
  4. 2017-3-2

    ②お金をふやす

    3つのテーマですが、最初『ふやす』というところから見ていきます。 ふやす時に、ここで大事なのは、『…
  5. 2017-2-27

    3.虎の威を借る狐

    テレビCMなどでは、芸能人など商品には直接関係のない有名人が、商品紹介をしているケースが多いと思いま…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る