議決権の開示 悩む運用会社(日生、当面見送りへ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資先企業の株主総会で行使した議決権の個別開示をめぐり、日本生命は4日、開示を見送る方針を明らかにした。

​長期保有が前提で、開示内容自体が株式の売買材料になることへの懸念などが理由だ。

企業との対話が阻まれるのを嫌う一部の運用会社も個別開示に慎重だ。

金融庁は原則、個別開示を求めているが、大手機関投資家で対応が分かれている。

大手生保では第一生命と住友生命が先行して個別開示に全面的に応じる方針を表明。

今秋をメドに行使結果を表明する。

明治安田生命もまず運用実績が利回りに反映される「特別勘定」で個別開示を検討する。

(日本経済新聞  2017/07/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-21

    明治安田生命保険アンケート 3人目「望まない」

    子育てに関するアンケートを実施し、子育て世帯の9割が3人目の出産を「望まない」か「躊躇」しているとの…
  2. 2018-11-12

    外貨保険、中途解約リスク

    ​退職金などのまとまったお金で貯蓄性の外貨建て保険を契約する人が増えている。 米ドル、豪ドルといっ…
  3. 2017-5-15

    かんぽ生命社長に植平氏

    かんぽ生命保険は石井雅実社長が退任し、後任に植平光彦専務執行役が昇格する人事を固めた。 ​ 植平氏…
  4. 2018-1-24

    公的保険徹底マスターの重要性

    年金の受給開始年齢が70歳以上となる可能性が現実的になってきました。 政府は原則65歳としている(…
  5. 2018-10-29

    生保は国債投資へ 外債運用のコスト上昇で

    生命保険会社は日本の国債への投資にそろりと動き始めている。 26日出そろった国内の主要生命保険10…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る