議決権の開示 悩む運用会社(日生、当面見送りへ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資先企業の株主総会で行使した議決権の個別開示をめぐり、日本生命は4日、開示を見送る方針を明らかにした。

​長期保有が前提で、開示内容自体が株式の売買材料になることへの懸念などが理由だ。

企業との対話が阻まれるのを嫌う一部の運用会社も個別開示に慎重だ。

金融庁は原則、個別開示を求めているが、大手機関投資家で対応が分かれている。

大手生保では第一生命と住友生命が先行して個別開示に全面的に応じる方針を表明。

今秋をメドに行使結果を表明する。

明治安田生命もまず運用実績が利回りに反映される「特別勘定」で個別開示を検討する。

(日本経済新聞  2017/07/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-7-13

    週休3日 育児や介護に SOMPO傘下の生保 9月から

    ​SOMPOホールディングス傘下の損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は9月から、育児や介護を抱える…
  2. 2017-3-2

    1.ニーズコンサルティングの全体像

    ニーズコンサルティングは、生命保険販売に当ってのセールス手法では、最も新しい営業システムであり最高峰…
  3. 2018-7-12

    体重減らして保険料安く

    人生はいつも順風満帆とは限らない。 思わぬ病気やけがで入院したり、介護を受けるようになったり。ライ…
  4. 2017-2-27

    1.人は希少性のあるものに価値を見出す

    金(ゴールド)が高いのは、その数自体が少ないためです。 鉄は数が多いため、格段に安い値段となります…
  5. 2017-3-24

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 AI使い当日処理

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は保険金支払い業務を自動化。 保険金の支払いを当日中に完了…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る