生活習慣病リスク予測 健診データAIが分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTとNTTデータは16日、糖尿病など生活習慣病の発症リスクを人工知能で予測するシステムを開発した。

生命保険会社が用意する健康診断データを分析し、糖尿病、高血圧症、脂質異常症の発症リスクを予測する。

システムの実証実験プログラムに参加する生命保険会社を6月まで募り、7~9月に実験する。大手生保の1社が利用を決めている。

有効性を検証し、2019年1月にも事業化を目指す。

システムをクラウド経由で提供するサービスなどを開発する。

10万人の最長6年分の健康診断データでテストしたところ、数年先の糖尿病リスクを予測する精度は90%に達した。

生保各社は生活習慣病などの治療に対応する医療保険の販売に力を入れている。

生命保険協会によると、新規契約数では4年連続で死亡保険などほかの商品を上回る。

医療保険では保険料の算定などで顧客の発症リスクの予測が重要になる。

予測の精度向上には健康診断やレセプト(診療報酬明細書)のデータを入手し、分析する必要があり、データ購入費用や分析人材の不足といった課題に直面している。

(日本経済新聞 2018/05/17)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-8

    「サバティカル休暇」制度に注目

    サバティカル休暇制度が注目されています。 一定期間勤続した社員に1ヶ月~1年程度の長期休暇を与える…
  2. 2017-2-27

    3.ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック

    最初に無理なお願いをする。 頼み事をするときに、最初に少々無理なお願いをして、当然なのですがわざと…
  3. 2017-9-8

    第一生命 全社業務に仮想ロボット

    第一生命保険は7日、人手によるパソコン作業をコンピュータプログラムが代行するロボティックス・プロセス…
  4. 2017-3-1

    6.事業承継と相続

    事業承継と同時、または事業承継の先にあるのが、相続です。 相続と相続税の納税は別の話です。相続税は…
  5. 2017-9-21

    ライフネット生命 グループトークで保険相談、LINE上でのサービスに新機能

    ライフネット生命は9月4日、LINEのグループトーク機能を活用し、LINE上で夫婦やカップルなどのパ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る