生活習慣病リスク予測 健診データAIが分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTとNTTデータは16日、糖尿病など生活習慣病の発症リスクを人工知能で予測するシステムを開発した。

生命保険会社が用意する健康診断データを分析し、糖尿病、高血圧症、脂質異常症の発症リスクを予測する。

システムの実証実験プログラムに参加する生命保険会社を6月まで募り、7~9月に実験する。大手生保の1社が利用を決めている。

有効性を検証し、2019年1月にも事業化を目指す。

システムをクラウド経由で提供するサービスなどを開発する。

10万人の最長6年分の健康診断データでテストしたところ、数年先の糖尿病リスクを予測する精度は90%に達した。

生保各社は生活習慣病などの治療に対応する医療保険の販売に力を入れている。

生命保険協会によると、新規契約数では4年連続で死亡保険などほかの商品を上回る。

医療保険では保険料の算定などで顧客の発症リスクの予測が重要になる。

予測の精度向上には健康診断やレセプト(診療報酬明細書)のデータを入手し、分析する必要があり、データ購入費用や分析人材の不足といった課題に直面している。

(日本経済新聞 2018/05/17)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-12-14

    日本郵政、米アフラックに3000億円出資へ

      ​日本郵政は米保険大手のアフラック・インコーポレーテッドに約3000億円を出資する方針を固めた。…
  2. 2017-2-21

    7.活動は習慣化が大切

    活動は習慣化が大切。そうは言っても、自分で決めたことでも、なかなか活動が習慣化できないんだよという人…
  3. 2018-7-17

    石炭火力に投融資 日生、取りやめへ

    日本生命保険が二酸化炭素(CO2)排出量が多い石炭火力関連事業への新規の投融資を取りやめる方針を固め…
  4. 2017-3-16

    社債投資3年で1.6兆円、明治安田が新中計、医療保険に重心

    ​ 明治安田生命保険は15日、2019年度を最終年度とする3カ年の中期経営計画を発表した。 低金…
  5. 2017-3-6

    生命保険顧客3人から計1億円搾取

    メットライフ生命は3日、東京都中央区の営業所「銀座中央エイジェンシーオフィス」の責任者だった元契約社…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る