生活習慣病リスク予測 健診データAIが分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTとNTTデータは16日、糖尿病など生活習慣病の発症リスクを人工知能で予測するシステムを開発した。

生命保険会社が用意する健康診断データを分析し、糖尿病、高血圧症、脂質異常症の発症リスクを予測する。

システムの実証実験プログラムに参加する生命保険会社を6月まで募り、7~9月に実験する。大手生保の1社が利用を決めている。

有効性を検証し、2019年1月にも事業化を目指す。

システムをクラウド経由で提供するサービスなどを開発する。

10万人の最長6年分の健康診断データでテストしたところ、数年先の糖尿病リスクを予測する精度は90%に達した。

生保各社は生活習慣病などの治療に対応する医療保険の販売に力を入れている。

生命保険協会によると、新規契約数では4年連続で死亡保険などほかの商品を上回る。

医療保険では保険料の算定などで顧客の発症リスクの予測が重要になる。

予測の精度向上には健康診断やレセプト(診療報酬明細書)のデータを入手し、分析する必要があり、データ購入費用や分析人材の不足といった課題に直面している。

(日本経済新聞 2018/05/17)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-9

    保険の銀行窓販4割減(一時払系商品売止などにより)

    ​保険商品の銀行窓販が急減 2016年度の販売額は前年度比で4割減り、09年度以来の低水準になる見…
  2. 2017-2-21

    7.鏡を置くとグレーゾーンがなくなる

    グレーゾーンを容認すると? 営業の現場に長いこと身を置いていると、お客さま思いが高じて若干のグレー…
  3. 2017-8-23

    就業不能保険への参入相次ぐ

    ​病気やケガなどで働けなくなると保険金が出る「就業不能保険」への生命保険各社の参入が相次いでいる。 …
  4. 2018-2-19

    生損保「人材確保は地方で」 相次ぐ機能移転、手厚い誘致策も奏功

    大規模災害に備えたリスク分散を目的に、生損保などが基幹業務の一部を相次いで地方に移転している。 東…
  5. 2018-5-23

    総合職の賃金制度統一 ひまわり生命、エリア職の待遇上げ

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は7月から、総合職約2100人の賃金制度を統一する。 転勤のな…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る