生活習慣病リスク予測 健診データAIが分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTとNTTデータは16日、糖尿病など生活習慣病の発症リスクを人工知能で予測するシステムを開発した。

生命保険会社が用意する健康診断データを分析し、糖尿病、高血圧症、脂質異常症の発症リスクを予測する。

システムの実証実験プログラムに参加する生命保険会社を6月まで募り、7~9月に実験する。大手生保の1社が利用を決めている。

有効性を検証し、2019年1月にも事業化を目指す。

システムをクラウド経由で提供するサービスなどを開発する。

10万人の最長6年分の健康診断データでテストしたところ、数年先の糖尿病リスクを予測する精度は90%に達した。

生保各社は生活習慣病などの治療に対応する医療保険の販売に力を入れている。

生命保険協会によると、新規契約数では4年連続で死亡保険などほかの商品を上回る。

医療保険では保険料の算定などで顧客の発症リスクの予測が重要になる。

予測の精度向上には健康診断やレセプト(診療報酬明細書)のデータを入手し、分析する必要があり、データ購入費用や分析人材の不足といった課題に直面している。

(日本経済新聞 2018/05/17)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-27

    生保、外債投資伸び鈍化

    国債利回りの低下を背景に膨らんできた生命保険会社による外国債券への投資にブレーキがかかりそうだ。 …
  2. 2017-8-16

    MS&AD、豪生保に出資 生損保、続々豪へ進出

    ​MS&ADインシュアランスホールディングス(HD)は15日、オーストラリア大手生命保険チャ…
  3. 2017-2-27

    3.最初に安い商品を売ることは有効か

    化粧品などの宣伝で、本来5,000円の商品が、今だけ500円で2週間分の試供品を提供しますというよう…
  4. 2017-4-27

    生保の資産運用 脱「安全志向」

    高リスク投資、各社が組織再編 ​低金利による運用難に苦しむ生命保険各社が、リスクの高い投資を専門に…
  5. 2017-10-5

    第一生命保険 ESG投資案件選定に力

    案件性差力が高い各部門を通すことで、良好な案件の獲得を目指している。​ ー上期の振り返り、下期の…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る