顧客のリスクオフ傾向強く 第一フロンティア生命保険社長 川島貴志氏 外貨建て定額保険の販売が好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​第一フロンティア生命社長の川島氏は、マイナス金利政策の導入後に日本の長期金利が低下したのを機に外貨ベースの受取額が固定されている定額保険への資金流入が一気に進んだと指摘する。

ーー当面は安全志向から外貨の定額保険の人気が高まりますか。

「日経平均が2万1000円や2万2000円を突破するくらいの強いトレンドが生まれ、経済が上向くという革新が生まれるまでは変わらないだろう」

スポンサーリンク


「最近は介護への備えや相続対策というニーズが高まっている。安全性が高い定額保険に需要が集まりやすい構図がある」

記者の目

保険大手は外貨建て保険に活路を見出そうとしている。

販売増に向け銀行窓販だけでなく、生保レディーを動員する動きも出始めた。競争激化は避けられない。

生保にとっては販売金融機関を支援する取り組みがより重要になっている。

(日経ヴェリタス 2017/08/06)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-12-4

    第一生命、自社の不動産を起業支援施設に

    第一生命保険は自社で持つ不動産をベンチャー企業の起業支援施設として活用する。 運営会社と組んで12…
  2. 2017-2-22

    7.法人の契約に「年金支払特約」を付加されていらっしゃいますか?

    社長アプローチ話法の具体例を紹介しましょう。 お会いしたとたんに社長さんに・・・ ・お客さま…
  3. 2018-7-17

    「健康・長生き」保険で後押し

    ​人生100年時代を迎え、健康に長生きしたい人を後押しする生命保険が相次いでいる。 第一生命保険は…
  4. 2018-5-31

    保険の銀行窓販、曲がり角、5大銀、昨年度1割減、貯蓄性商品乏しく

    銀行による保険や投資信託の窓口販売が曲がり角にさしかかっている。 保険窓販は銀行大手5グループの合…
  5. 2017-3-9

    1.企業会計その(1)

    法人契約を取り扱うためには社長と話をしなければなりません。 また、税理士は法人案件の紹介元になった…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る