住生、総労働時間10%減 東京本社移転で働き方改革

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友生命保険は3日、2022年度の東京本社移転に向けた働き方改革の施策を発表した。

新しい本社オフィスの稼働を契機に19年度までに内勤職員を中心に総労働時間を16年度比10%削減する。

働き方改革を進めて、職員の健康増進や生産性の向上を図る狙い。

​社内向け会議や報告業務を極力廃止するほか資料のペーパーレス化も推進する。

RPA(ロボテック・プロセス・オートメーション)を導入し、単純事務の大幅な削減も目指す。

新たなオフィスでは座席を決めない「フリーアドレス」の試験運用の実施を検討する。

また、7月に営業職員に配布したタブレット端末で、営業現場の業務効率化を支援していく。

(日刊工業新聞 2018/12/04)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-3

    2.老後生活資金の準備について

    人生のリスク、保険設計をするうえで考えなければならない2つのリスクがあります。 まず1つ目は、早期…
  2. 2018-8-3

    明治安田生命、就業不能保障 精神障害に備え

    団体総合就業不能保障保険 明治安田生命保険は1日、ケガや病気で働けなくなった場合に毎月の生活費を保…
  3. 2017-11-16

    どう増やす?どう守る?

    ファイナンシャルプランナーとは、読んで字のごとく、ファイナンスの、プランナーです。 お客様の、収支…
  4. 2018-10-2

    円建て貯蓄保険 地銀で販売再開 日本生命

    日本生命保険は10月から円建ての貯蓄性保険の取り扱いを地方銀行など24行で再開する。 低金利による…
  5. 2018-5-31

    保険契約、暴排で解除「有効」 高裁岡山支部判決

    ​保険会社が約款に含まれる暴力団排除条項に基づく保険契約を解除有効 ​保険会社が約款に含まれる暴力…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る