住生、総労働時間10%減 東京本社移転で働き方改革

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友生命保険は3日、2022年度の東京本社移転に向けた働き方改革の施策を発表した。

新しい本社オフィスの稼働を契機に19年度までに内勤職員を中心に総労働時間を16年度比10%削減する。

働き方改革を進めて、職員の健康増進や生産性の向上を図る狙い。

​社内向け会議や報告業務を極力廃止するほか資料のペーパーレス化も推進する。

RPA(ロボテック・プロセス・オートメーション)を導入し、単純事務の大幅な削減も目指す。

新たなオフィスでは座席を決めない「フリーアドレス」の試験運用の実施を検討する。

また、7月に営業職員に配布したタブレット端末で、営業現場の業務効率化を支援していく。

(日刊工業新聞 2018/12/04)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-21

    2.ダンドリと目標設定

    人は本当に望むことを実現したいときは、具体的に行動を考え、検討し、入念な準備をします。 この準備の…
  2. 2017-9-14

    主な病院のがんの手術実績数

    主ながんの手術実績数(主要病院2015年度) 胃がん がん研有明病院(1,154件) 静岡県立…
  3. 2017-3-9

    キャノンMJ、診断書の情報、自動読み込み

    ​​キャノンマーケティングジャパン キャノンマーケティングジャパンは8日、朝日生命に様々な病院が作…
  4. 2018-3-13

    第一生命 企業保育所誘致へ

    ​第一生命保険は、民間企業が主に従業員向けに開設する「企業主導型保育所」を、自社が保有するビルなどに…
  5. 2018-3-22

    生保、非競争分野を統合、大手6社の年金管理

    ​大手生命保険6社が団体年金を管理する事業を統合する。 各社とも競い合う必要がない「非競争領域…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る