住生、総労働時間10%減 東京本社移転で働き方改革

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友生命保険は3日、2022年度の東京本社移転に向けた働き方改革の施策を発表した。

新しい本社オフィスの稼働を契機に19年度までに内勤職員を中心に総労働時間を16年度比10%削減する。

働き方改革を進めて、職員の健康増進や生産性の向上を図る狙い。

​社内向け会議や報告業務を極力廃止するほか資料のペーパーレス化も推進する。

RPA(ロボテック・プロセス・オートメーション)を導入し、単純事務の大幅な削減も目指す。

新たなオフィスでは座席を決めない「フリーアドレス」の試験運用の実施を検討する。

また、7月に営業職員に配布したタブレット端末で、営業現場の業務効率化を支援していく。

(日刊工業新聞 2018/12/04)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-6

    東京海上日動あんしん生命 歩数連動で保険料返還

    東京海上日動あんしん生命保険は2日から、歩数に応じて保険料をキャッシュバックする医療保険「あるく保険…
  2. 2017-3-1

    7.赤字企業

    赤字企業で気をつけなくてはならないのは連帯保証債務です。 赤字企業の生命保険の加入目的は、社長に万…
  3. 2017-11-29

    悠真・悠人・陽翔 男子の名前1位 今年誕生の子ども 明治安田生命調べ

    ​明治安田生命は28日、2017年に生まれた子供の名前調査を発表。 男子は悠真、悠人、陽翔の三つが…
  4. 2017-10-5

    第一生命保険 ESG投資案件選定に力

    案件性差力が高い各部門を通すことで、良好な案件の獲得を目指している。​ ー上期の振り返り、下期の…
  5. 2017-2-24

    ①申込手続き&ポリシーレビューの目的

    4.申込手続きとポリシーレビューの流れとポイント  ①申込手続き&ポリシーレビューの目的 ポリシー…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る