RPA・AIで「働き方改革」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データ取得や入力、確認などの作業を人間の代わりに行う、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)が広がり始めた。

画像認識や自動応答といった分野では人工知能(AI)の活用も進む。

世界的にホワイトカラーの生産性が低いとされる日本で、RPAやAIは企業の生産性向上や働き方改革に欠かせない手段となる。

活用状況と課題を探った。

<生保・損保>

定型的な事務作業が多い金融業界はRPAと親和性が高い。

(中略)

生命保険業界でもRPAの導入が進む。

日本生命保険は銀行窓販事業部門にRPAを導入。

女性が多い職場のため、親しみやすいよう「日生ロボ美ちゃん」の愛称をつけている。

第一生命保険も全社にRPAを導入する方針。

(日刊工業新聞   2017/11/29)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-28

    保険はあくまでパーツ

    保険はあくまでパーツ、お客様が真に求めているのは安心です。 ・ライフプランニングは重要だと思うがや…
  2. 2017-4-11

    介護休業中の給与補償 三井住友海上 下旬に新型保険

    三井住友海上火災保険は介護に伴って給与が減ったり、無給になったりした際に所得を補償する保険を4月下旬…
  3. 2018-11-19

    生保各社 資金運用先悩む

    ​巨額資金を運用する生命保険各社が、運用先に悩んでいる。 超低金利の日本国債の運用が難しく外国債券…
  4. 2017-5-22

    損保3G、当期最高益

    大手損害保険グループ3社は、2018年3月期に6期連続となる当期利益の過去最高更新を目指す。​ 株…
  5. 2018-8-23

    「節税保険」なお拡充

    大手生命保険の定期保険を巡り、販売現場で「節税」がPRされ、金融庁が一部の商品設計を問題視している。…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る