日生、資産運用にRPA導入 作業2500時間削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は6月から、資産運用業務にロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を導入する。

年2500時間分の作業を削減できる見通し。

浮いた人員は市場や企業分析、投資の銘柄選定、戦略策定などに再配置する計画だ。
 
​資産運用部門の業務のうち、ファンドの売買発注などの有価証券投資や、ポートフォリオ管理など約10の業務に導入する。

1―3月に、資産運用におけるRPA活用の実証実験を実施。

生産性向上などの有用性が確認できたという。

今後、資産運用に関する全ての作業領域にRPAを活用する計画だ。

日生は2014年、銀行窓販の事務でRPAを初めて導入。

これまで個人保険や企業保険の分野で54業務にRPAを活用している。

(日刊工業新聞 2018/05/02)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-6

    3.生前贈与話題からのアプローチ

    「あなたも考えてみませんか? 生前贈与のこと」 募集人:~さんこんにちは、先日は相続についてのお話…
  2. 2018-4-23

    銀行・保険、採用を大幅減 来春新卒、業務電子化で

    ​日本経済新聞社が22日まとめた採用計画調査で、銀行や保険が2019年春入社の新卒採用を大幅に減らす…
  3. 2018-4-25

    LINEが保険販売 損保ジャパンと提携(損保の内容です)

    LINEは損害保険ジャパン日本興亜と業務提携する。 2018年中にスマートフォンの対話アプリ上で損…
  4. 2018-3-13

    DWSに400億円出資

    ​日本生命保険は12日、ドイツ銀行傘下の資産運用会社であるドイチェ・アセット・マネジメント(DW…
  5. 2017-10-6

    住友生命保険 短期投資でも利益逃さず

    日銀のマイナス金利政策について、 藤戸専務は「プラスに働いた点も多い」、「運用はどんな市場環境でも…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る