日生、資産運用にRPA導入 作業2500時間削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は6月から、資産運用業務にロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を導入する。

年2500時間分の作業を削減できる見通し。

浮いた人員は市場や企業分析、投資の銘柄選定、戦略策定などに再配置する計画だ。
 
​資産運用部門の業務のうち、ファンドの売買発注などの有価証券投資や、ポートフォリオ管理など約10の業務に導入する。

1―3月に、資産運用におけるRPA活用の実証実験を実施。

生産性向上などの有用性が確認できたという。

今後、資産運用に関する全ての作業領域にRPAを活用する計画だ。

日生は2014年、銀行窓販の事務でRPAを初めて導入。

これまで個人保険や企業保険の分野で54業務にRPAを活用している。

(日刊工業新聞 2018/05/02)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-1

    保険料1割値上げも

    かんぽ生命は28日、全ての保険商品の保険料を4月から見直すと発表した。 貯蓄性の高い終身保険は、1…
  2. 2017-8-17

    新トップに聞く 第一生命ホールディングス 稲垣精二氏54 「若年層向け商品 強化」

    ​国内市場の縮小には、10年かけて事業を多様化してきた。 超低金利での運用については、魅力的な案件…
  3. 2017-3-2

    1.ニーズコンサルティングの全体像

    ニーズコンサルティングは、生命保険販売に当ってのセールス手法では、最も新しい営業システムであり最高峰…
  4. 2018-5-31

    明治安田生命、円貨建て一時払い終身保険の予定利率0.35%に引き上げ

    明治安田生命保険は28日、6月1日契約日分から円貨建て一時払い終身保険の予定利率を現行の0・30%か…
  5. 2017-2-27

    2.似たもの同士は仲が良い

    人は自分と似た人に好感を持ちやすいようになっています。 これを、「類似性の法則」といいます。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る