日生、資産運用にRPA導入 作業2500時間削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は6月から、資産運用業務にロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を導入する。

年2500時間分の作業を削減できる見通し。

浮いた人員は市場や企業分析、投資の銘柄選定、戦略策定などに再配置する計画だ。
 
​資産運用部門の業務のうち、ファンドの売買発注などの有価証券投資や、ポートフォリオ管理など約10の業務に導入する。

1―3月に、資産運用におけるRPA活用の実証実験を実施。

生産性向上などの有用性が確認できたという。

今後、資産運用に関する全ての作業領域にRPAを活用する計画だ。

日生は2014年、銀行窓販の事務でRPAを初めて導入。

これまで個人保険や企業保険の分野で54業務にRPAを活用している。

(日刊工業新聞 2018/05/02)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-6

    アクサ生命 変額保険商品 神奈川銀と長野信金で窓口販売

    アクサ生命保険は神奈川銀行と長野信用金庫を通じて、「アクサ生命の資産形成の変額保険ユニット・リンク保…
  2. 2017-4-27

    生保9社 国内債券離れ続く

    国内主要生命保険9社の2017年度資産運用方針が26日までに出そろい、5社が国内債への投資を減らすと…
  3. 2018-1-10

    日生 営業職員を増員 社長方針 販売ルートを充実

    日本生命の筒井義信社長は、現在約5万人いる保険販売の営業職員を増員する方針を明らかにした。 強みと…
  4. 2017-3-23

    著者登場 『50歳からの出直し大作戦』 ライフネット生命保険会長 出口治明氏

    新たな出会い待つ 人生の黄金期 人生の黄金期、いい言葉ですね。寿命の延びとともに、人生の黄金期も後…
  5. 2018-3-6

    日本の変額年金事業で準備金過剰(メットライフ)

    ​米保険会社メットライフは1日、日本の変額年金に関し内部統制上の重大な不備が発覚したと発表した。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る