日生、資産運用にRPA導入 作業2500時間削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は6月から、資産運用業務にロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を導入する。

年2500時間分の作業を削減できる見通し。

浮いた人員は市場や企業分析、投資の銘柄選定、戦略策定などに再配置する計画だ。
 
​資産運用部門の業務のうち、ファンドの売買発注などの有価証券投資や、ポートフォリオ管理など約10の業務に導入する。

1―3月に、資産運用におけるRPA活用の実証実験を実施。

生産性向上などの有用性が確認できたという。

今後、資産運用に関する全ての作業領域にRPAを活用する計画だ。

日生は2014年、銀行窓販の事務でRPAを初めて導入。

これまで個人保険や企業保険の分野で54業務にRPAを活用している。

(日刊工業新聞 2018/05/02)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-25

    生命保険協会会長・稲垣精二氏 ESG投融資の研究推進

    生命保険協会会長に第一生命保険の稲垣精二社長が就任した。 国内生保業界は低金利環境が長引き、稼ぎ頭…
  2. 2017-7-5

    認知症対応商品を積極開発 保険各社、賠償請求の高額補償など

    認知症の患者数が増える中で、保険各社が治療や介護のための出費に備えた商品を積極的に開発、販売している…
  3. 2017-10-2

    はたらく 総合・一般職統合し育成

    ​従業員を、配置や昇給が異なる「総合職」や「一般職」などのコースに分ける「コース別雇用管理制度」。 …
  4. 2017-4-17

    日本生命、劣後債1000億円発行

    日本生命は13日、国内の機関投資家向けに劣後債を1000億円発行すると発表した。 ​2020年度末…
  5. 2018-10-30

    生保、下期運用方針固まる オープン外債投資加速、国債の買い入れ再開も

    生命保険会社は、為替リスクをヘッジしないオープン外国債券への投資を拡大する。 米国の利上げで為替ヘ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る