「かけつけ隊」一万人に増員 太陽生命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽生命保険は、内勤職員が保険契約者や家族を直接訪問し、必要書類の代筆やモバイル端末を利用した簡易的や給付金請求を行う「かけつけ隊」を拡大した。

これまでは事務を担当する740人の内謹職員がかけつけ隊として活動していたが、20日約9000人の営業職員に人口知能(AI)やカメラを搭載した新たな営業端末を導入。

営業職員も訪問先で診断書を撮影し簡易的な給付金請求が可能となり、かけつけ隊は約1万人に”大幅増員”となった。

(日刊工業新聞 2018/08/28)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-23

    シニア向け保険相次ぎ登場 90歳まで契約や無告知

    シニア世代をターゲットにした保険が相次ぎ登場している。 90歳まで契約できる医療保険や健康状態の告…
  2. 2018-4-6

    金融庁、ソニー生命に立ち入り検査

    ​ソニー生命保険の社員から架空の生命保険契約で現金をだまし取られる被害が相次ぎ、金融庁が同社に立ち入…
  3. 2017-6-30

    太陽生命 個人年金保険を外貨建てに刷新

    太陽生命保険は7月3日から、外貨建ての個人年金保険の取り扱いを始める。​ 三菱東京UFJ銀行の窓口…
  4. 2018-8-9

    第一生命、豪で買収へ 生保事業500億円規模

    ​第一生命ホールディングス(HD)は、豪州の金融大手「サンコープ・グループ」から生命保険事業を買収す…
  5. 2017-10-27

    超高齢社会と生命保険

    高齢者の占率の増加という年齢構成のアンバランスの問題と、高齢者自体の年齢構成の高齢化、という2つの高…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る