「かけつけ隊」一万人に増員 太陽生命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽生命保険は、内勤職員が保険契約者や家族を直接訪問し、必要書類の代筆やモバイル端末を利用した簡易的や給付金請求を行う「かけつけ隊」を拡大した。

これまでは事務を担当する740人の内謹職員がかけつけ隊として活動していたが、20日約9000人の営業職員に人口知能(AI)やカメラを搭載した新たな営業端末を導入。

営業職員も訪問先で診断書を撮影し簡易的な給付金請求が可能となり、かけつけ隊は約1万人に”大幅増員”となった。

(日刊工業新聞 2018/08/28)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-29

    シンガポールで保険販売(ソニー生命 共同出資でショップ)

    ソニー生命は2018年夏にも、シンガポールで様々な保険会社の商品を販売する保険ショップ事業を始める。…
  2. 2017-2-24

    ③アフターフォローの重要性

    生命保険は、加入しても直ぐに役に立つことがほとんどないといっても良いほどの珍しい商品です。 そして…
  3. 2018-1-4

    乗合代理店報酬にメス 過度なキャンペーン抑制

    生命保険業界で2018年から、保険ショップなど乗合代理店報酬を見直す動きが広がりそうだ。 生命保険…
  4. 2017-2-27

    4.真似をすることで好感を得る

    優秀な営業マンは、商談時には、相手の話し方や話すスピードにあわせて説明するようにしています。 人は…
  5. 2017-6-26

    生保、外貨建て商品に活路(明治安田など参入、貯蓄型の販売停止を補う)

    日銀のマイナス金利政策に伴う運用難で貯蓄型の保険商品の販売停止が続くなか、生命保険各社が外貨建て保険…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る