日生 営業職員を増員 社長方針 販売ルートを充実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命の筒井義信社長は、現在約5万人いる保険販売の営業職員を増員する方針を明らかにした。

強みとしてきた国内の販売ルートをさらに充実させ、シェア拡大を目指す。

​筒井社長は「営業職員を増やすことが、市場でのプレゼンスを向上させるための一番の要諦だ」と述べた。

高齢の契約者が増え、保険金の支払い漏れがないかどうかの確認などきめ細かい対面サービスの需要が高まっていることも指摘。

勤務時間に柔軟性を持たせるなど、育児をしながらでも働きやすい職場環境を整え、優秀な営業職員の確保につなげる。

(読売新聞 2018/01/08)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-7-5

    明治安田生命、保険金未請求247件

    明治安田生命保険は4日、高齢の顧客約8万8000人の契約状況を調査し、本来は死亡保険金や入院給付金な…
  2. 2018-1-10

    ソニー生命、定期死亡保険の保険料引き下げ

    ソニー生命保険は9日、主力の定期死亡保険の保険料を引き下げると発表した。 2月から4商品、4月から…
  3. 2017-6-26

    生保、外貨建て商品に活路(明治安田など参入、貯蓄型の販売停止を補う)

    日銀のマイナス金利政策に伴う運用難で貯蓄型の保険商品の販売停止が続くなか、生命保険各社が外貨建て保険…
  4. 2017-3-3

    3.生活水準保障の必要性

    重い病気にかかるとどうなってしまうのかというと、「入院や療養による休職」や「配置転換」「時短勤務」な…
  5. 2017-2-22

    5.経営者の一番の悩み事業承継

    事業承継には2つの要素があります。(何を継ぐか)    ・1つめは 「財産」を継ぐこと    …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る