悲哀と自虐 句に重ね30年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」

第一生命保険は22日、「第30回サラリーマン川柳コンクール」の全国投票結果を発表した。

スポンサーリンク


「サラ川」の募集が始まった1987年当時、日本はバブル景気の真っただ中にあった。

バブル期に社会人になった世代と今の若い世代のギャップを詠んだ作品が選ばれた。

作品応募数は今回、5万5,067件と20年ぶりに5万句を突破した。

上司と部下のぶつかり合いはサラ川の定番だ。

スポンサーリンク


サラ川はもともと第一生命の社内向け企画として産声をあげた。

応募は累計110万件を突破。

上・中・下の句を少しずつ変えて、毎年何十句も応募するマニアも現れた。

この30年でサラリーマンの悩みがどう変わったか、第一生命経済研究所がサラ川の30年を5つの時代に区切り、応募作品の傾向を分析した。

(フジサンケイビジネスアイ 2017/05/23)

第一生命ニュースリリース http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/index.html

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-1

    RPA・AIで「働き方改革」

    ​データ取得や入力、確認などの作業を人間の代わりに行う、ロボティック・プロセス・オートメーション(R…
  2. 2017-3-6

    女性リーダー、20代に磨く、未来像、上司と共有、出産前に重要事業

    意欲的に働き続ける女性を育てるため、初期キャリアへの働きかけを重視する企業が増えてきた。 20代の…
  3. 2017-5-8

    保険マッチングサービス 首都圏在住者に提供

    ディー・エヌ・エーはアイリックコーポレーションと共同で、首都圏在住者を対象に保険関連サービス「ほけん…
  4. 2018-1-11

    2018成長への展望 機動的な新商品の供給体制を整える 日本生命保険社長 筒井義信さん

    ​三井生命との商品の相互供給は軌道に乗りつつある。 成果を見極めつつ、第2弾、第3弾へとつなげたい…
  5. 2017-2-27

    2.お客さまにメリットを与える具体的な方法

    ビジネスで相手と親しくなる方法は、返報性の法則を利用して、相手のメリットだけを考え与えるということを…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る