学資・年金保険料上げ、明治安田や住生も、平均9~15%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険と住友生命保険は学資保険や個人年金保険の保険料を4月に引き上げる。

長期金利の低迷で契約者から預かった資金の運用が難しくなっているためだ。性別や年齢によって異なるが、上げ幅は平均9~15%程度となる見通し。

スポンサーリンク


重点分野とする商品は契約者の負担増をできるだけ抑え、自社の強みをこれまで以上に前面に出す販売戦略が鮮明となる。

いずれも保険料を毎月支払うタイプの保険で、4月2日以降に契約するか更新する場合が対象。金融庁が定める標準利率が現在の1・00%から同時期に0・25%へ下がるため、各社が契約者に約束する運用利回り(予定利率)を見直すことにした。

同額の保険金を受け取るにはより多くの保険料を支払う必要がある。負担増を転嫁するだけだと保険離れを招くため、両社は販売に力を入れたい分野では事業費を切り詰めるなどの効率化で上げ幅を抑える。

 住友生命では30歳男性が60歳まで保険料を払い、年60万円の年金を10年間受け取る保険の場合、月額保険料が現在の約1万4000円から約1万6000円に13%程度上がる。

払い込んだ保険料に対して受け取れる保険金の割合(受取率)も118%から104%に落ちるが、4月に保険料を改めると発表済みの日本生命保険に見劣りしない水準とした。

(2017/2/23 日本経済新聞)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-20

    地銀経営は360度で点検 金融庁、ガバナンス浸透把握

    金融庁の遠藤俊英長官は日本経済新聞のインタビューで、金融機関のガバナンス(統治)体制の検証に一段と踏…
  2. 2018-8-9

    第一生命、豪で買収へ 生保事業500億円規模

    ​第一生命ホールディングス(HD)は、豪州の金融大手「サンコープ・グループ」から生命保険事業を買収す…
  3. 2018-4-25

    LINEが保険販売 損保ジャパンと提携(損保の内容です)

    LINEは損害保険ジャパン日本興亜と業務提携する。 2018年中にスマートフォンの対話アプリ上で損…
  4. 2018-3-26

    健康寿命延伸に貢献を~第一生命保険「ジャスト」~

    第一生命保険は生命保険業界で初めて、保険の契約時に健康診断書を提出するだけで保険料を割り引く商品を発…
  5. 2017-11-7

    生保、高齢者に照準 商品・サービス拡充、社会変化へ対応加速

    生命保険会社が高齢者を対象にした商品・サービス展開を拡大している。 長生きするほど多く保険金を受け…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る