生保、高齢者に照準 商品・サービス拡充、社会変化へ対応加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社が高齢者を対象にした商品・サービス展開を拡大している。

長生きするほど多く保険金を受け取れる「トンチン年金」を発売する会社が増えているほか、高齢契約者の所在地確認サービスも強化。

スポンサーリンク


高齢者への正しい接遇を学ぶ社員教育も盛んだ。
日本生命保険が2016年に国内で初めて発売した「トンチン年金」。

10月からかんぽ生命保険や太陽生命保険も発売した。

かんぽ生命の保険は「安定志向の強い郵便局の主要顧客層を想定」(かんぽ生命)したもので、リスクとリターンを抑えた商品として設計。

太陽生命の商品は特約を付けることで、がんなど3大疾病になった時の保険料払い込みが免除されるのが特徴だ。

これまで高齢者は医療保険に入りにくかったが、最近は高齢者でも入れる医療保険が出てきている。

明治安田生命保険は12月に最高90歳まで入れる医療保険を発売する。

スポンサーリンク


一括払いにすることで保険料の払込総額が最大12%割り引かれる。

90歳まで入れる医療保険は業界で初めて。

高齢者向けのサービスも各社充実させている。

明治安田は77歳や90歳などの長寿祝賀にタイミングを合わせ、連絡先変更有無や請求有無を確認する契約点検制度を推進。

日生やアフラックは、物流会社と連携した高齢契約者の居場所確認サービスも行っている。

第一生命保険は、高齢顧客の希望者に介護福祉施設の入居を案内している。

高齢者の身体的・精神的特徴を学ぶ人材教育も活発だ。

かんぽ生命は、高齢社会共創センター(東京都文京区)が運営する「高齢社会検定試験」について、社員の試験費用を補助している。

朝日生命保険は高齢者に多い認知症について理解を深めるため、全国キャラバン・メイト連絡協議会(東京都新宿区)が実施する「認知症サポーター」の認定を全社員に受けさせた。

日生も社員1万8000人が同認定を取得している。

(日刊工業新聞 2017/11/03)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-7

    都・民間、分野またぎ協定、健康増進や働き方、まず第一生命と

    東京都は民間企業・団体と複数の政策分野にまたがって連携を進める「ワイドコラボ協定」と呼ぶ取り組みを始…
  2. 2017-10-6

    日生、米系生保買収へ 1000~2000億円 銀行窓販を強化

    日本生命保険は中堅のマスミューチュアル生命保険を買収する最終交渉に入った。 株式の過半を取得する方…
  3. 2018-11-21

    三井生命、「大樹生命」に社名変更へ 90年の伝統と別れ

    三井生命保険は2019年度にも、社名を「大樹生命保険」に変更する方針を固めた。 15年度に日本生命…
  4. 2017-12-19

    日生出資のインドネシア生保 中間層開拓新規契約3倍

    日本生命保険が20%出資するインドネシアの生命保険「セクイスライフ」は中間所得層の開拓を加速、201…
  5. 2017-5-16

    日生、中国でがん保険

    日本生命は中国で、富裕層を主な対象とした医療保険を売り出した。 ​加入者ががんになった場合、追加…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る