シニア顧客に専門部隊 生保が高齢者対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社は「人生100年時代」と言われる高齢社会の進展を見据え、シニア顧客へのサービスを強化している。

少子高齢化と若年層の保険離れで、特に大手生保の顧客は年齢層が上がっている。

各社は専門部隊を設け、他社と連携するなどしてサービスを拡充。手続きを代筆するサービスや、定期的な訪問などフォローを充実させている。

【サポート迅速に】

明治安田生命保険は、高齢顧客など自力の手続きが難しい顧客に対するサポート制度「MYアシスト+(プラス)」を、23日から始めた。

専用の対応デスクや顧客カードを発行しフォローを迅速化する取り組みは業界初だ。

視力が低下して帳面や画面の文字が読み取れない場合、同社職員が顧客の自宅を訪問し代筆などをサポートする。

従来は店頭での代筆しか行わなかったが、自宅や病院でもできるようにする。

そのほか、最近のヒット商品である外貨建て保険では、音声での商品内容確認を実施する。

【郵便局内で実証】

日本生命保険も高齢者対応で新たな取り組みを始めている。

日本郵便と連携し、郵便局内でテレビ電話を活用した保険サービスの実証実験を行っている。

北海道利尻町や東京都八丈島八丈町など高齢契約者が多いエリアを実験地に選定。

テレビの向こうのスタッフと話し、受取人変更や取引口座の変更などを可能にしている。

太陽生命保険も高齢者対応に力を入れている。

シニア顧客への年1回の訪問活動のほか、保険金・給付金の確実な支払いを実現するため、専門知識を持つ内務員「かけつけ隊」を派遣している。

高齢顧客が自力で診断書を取得できない場合などに、代行取得するサービスも実施。

かけつけ隊の専用端末からデータ送信してから30分後に給付金支払いを実現できるスピード感もあり、契約者から高い評価を得ている。

【人口減少に備え】

また最近は、他業界の企業と連携し高齢者の状態確認をするサービスが増えている。

アフラック生命保険は日本郵便と連携し、日生や太陽生命はヤマト運輸と連携している。 

シニア顧客が増える一方、人口減少で保険会社の営業職員確保が難しくなることも想定される。

外部サービスを活用したフォローは、今後増えていきそうだ。

(日本経済新聞 2018/04/26)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-1

    5.事業承継期

    企業の事業承継について現状をみると、社長の平均年齢は58.9歳と年々上昇し、60歳に近づいてきていま…
  2. 2018-5-18

    生活習慣病保証の「だい杖ぶ」4週間で契約5万件突破

    日本生命保険は、4月2日に販売を始めた生活習慣病に備える商品「だい杖ぶ」(特定重度疾病保障保険)が、…
  3. 2017-7-5

    生保3社が総代会 各社中計の進捗説明

    日本生命保険、明治安田生命保険、住友生命保険の大手生保3社は4日、株式会社の株主総会に相当する総代会…
  4. 2018-1-30

    質問回答で最適保険提案(三菱UFJ系)

    三菱UFJフィナンシャル・グループ子会社のジャパン・デジタル・デザイン(JDD)は、必要事項を入力す…
  5. 2017-2-21

    生保、国債買い抑制も、今年度末、資産積み増す必要性後退

    例年、年度末に膨らむ傾向のある生命保険会社による国債買いが、今年は控えめな増え方になる可能性が出てき…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る