​サービス産業型のマネジメント:とがった個性を生かして(ライフネット生命 出口社長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネジメントに求められるのは、部下の適性と能力を見極め、得意とする仕事をやらせることだ。

適性を欠く仕事を根性論でやらせるのは、本人にも組織にもマイナスでしかない。

スポンサーリンク


「骨折り損のくたびれもうけ」状態を脱するには、工場モデル型の社会構造を根本から変える必要がある。

サービス産業型の今の社会では、多様な人材が活躍することでしか企業は成長しない。高度成長期の神話にすがる幹部には、アップルの設立者スティーブ・ジョブズの伝記を読んでもらいたい。

とがった個性を持つ異質な存在こそがイノベーションを生み出すのだ。
マネジメントに求められるのは、部下の適性と能力を見極め、得意とする仕事をやらせることだ。適性を欠く仕事を根性論でやらせるのは、本人にも組織にもマイナスでしかない。

スポンサーリンク


優れたダイバーシティマネジメントの担い手として歴史好きの僕が想起するのは、モンゴル帝国の5代皇帝クビライだ。十字軍の時代にあっても「思想や宗教など目に見えないものを理由に人の首を斬ったらもったいない。できることをやらせたほうがいい」と語り、人種や宗教を問わず優秀な人材を登用して繁栄を築いた。

社会慣習や常識にとらわれず自分の頭で考え抜いて正しいと思ったことをやり抜く。いまだ高度成長期の成功体験から卒業できない日本が、そのリーダーシップに学ぶことは多い。

(日本経済新聞 2017/03/13)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-19

    生損保「人材確保は地方で」 相次ぐ機能移転、手厚い誘致策も奏功

    大規模災害に備えたリスク分散を目的に、生損保などが基幹業務の一部を相次いで地方に移転している。 東…
  2. 2017-3-7

    マクロ経済スライドって何?

    公的年金の「マクロ経済スライド」(2015年4月に初適用) マクロ経済スライドって何? 日本…
  3. 2018-4-24

    保険会社、海外人材を育成

    ​保険会社がグローバル人材の育成に乗り出している。 日本人社員の育成やグローバルな人材交流を通じ、…
  4. 2017-9-8

    第一生命 全社業務に仮想ロボット

    第一生命保険は7日、人手によるパソコン作業をコンピュータプログラムが代行するロボティックス・プロセス…
  5. 2017-7-5

    家計の知恵 民間介護保険 使いやすく 支払い基準 緩め増加 要支援1でも

    保険金を受け取りやすいタイプの介護保険を生命保険会社が投入している。 保険金の支払いを認める基準が…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る