3月2日は「少額短期保険(ミニ保険)の日」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

設立から10年がたった日本少額短期保険協会は、3(ミ)月2(ニ)日を「少額短期保険(ミニ保険)の日」と制定してから3年、今年も少額短期保険の認知度向上と普及促進を目的に「おもしろミニ保険大賞コンテスト」や「少額短期保険大賞」を選出した。

「おもしろ保険大賞コンテスト」はユニークな商品、シンプルな商品を開発してきた少額短期保険業界ならではのイベントで、消費者が日々の生活の中で「こんな保険があったらいいのに」というアイデアを募集し、今回は3,347件の応募があった。

スポンサーリンク


一方、「少額保険大賞」は、少額短期保険各社が自社商品をエントリーし業界各社が投票する「プロの目で選ぶ」ナンバーワン商品。

​「おもしろミニ保険大賞コンテスト」の応募の中から「最優秀賞」1件、「優秀賞」2件、「佳作」3件を決定した。

最優秀賞候補作は以下の3つが選ばれた。

「baby保険」

 妊娠中のみ入れる保険。希望者のみ、母子手帳をもらった時に契約でき、出産したら自動的に解約される。

切迫早産、切迫流産、異常妊娠など、その他妊娠中に起こる、妊娠を機になってしまう万が一の病気の治療に対応する保険。

「ふるさと保険」

最近の日本では天災、災害それも大きなことがおこるようになっている。

そんなとき災害の募金をするが、毎月少額な掛け金で自分の産まれた自治体等一人一人が選択した市町村や県に保険がおりたら役にたてる気がするのだが

・・・一気にたくさんの募金は無理でも毎月少しずつならなんとかなると思う。

「認知症の家族を守る保険」

家族が認知症に起因する事故やトラブルにて、賠償を求められた際に、賠償負担を軽減してくれる保険があれば、家族は安心して認知症の家族と暮らしていけるのではないかと思う。
(フジサンケイビジネスアイ 2017/03/02)

スポンサーリンク


 

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-13

    生保協会長、出口戦略開かれた議論を

    生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)の任期最後となった9日の定例会見 日銀が大規模な…
  2. 2017-2-22

    金融庁、生保に不信、「地銀の経営、大株主として監視を」

    生命保険業界が金融庁幹部の発言に揺れている。 主な生保会社は上場地銀の株式を数多く持つ「地銀界の大…
  3. 2018-11-15

    「節税保険」再ブーム過熱 日生の「発明」、国税庁は想定外

    「保険料を経費として計上できます。課税されず、必要なときに解約すればお金が戻ってきます」。 埼玉の…
  4. 2017-2-27

    3.虎の威を借る狐

    テレビCMなどでは、芸能人など商品には直接関係のない有名人が、商品紹介をしているケースが多いと思いま…
  5. 2018-7-2

    保険金請求漏れ防げ防げ

    ​生命保険各社が高齢者の保険金の請求漏れを減らす取り組みを強化している。 高齢化が一段と進む中、契…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る