住友生命保険 短期投資でも利益逃さず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日銀のマイナス金利政策について、

藤戸専務は「プラスに働いた点も多い」、「運用はどんな市場環境でも利益を出さなければならない。マイナス金利でそれを再認識した」と語る。​

​ー2016年10月から円金利中心のALM(アセット・ライアビリティ・マネジメント)運用と、株式中心のバランス運用の二つのポートフォリオで運用を進めています。

1年たっての感想は。

「ALM運用は低金利で国債を中心とした積み増しが難しい中、クレジット資産への投資を拡大した。ALMは複数年にわたり投資を行うのが重要。3カ年で2兆円のクレジット投資を計画するが、足元は順調だ。」

「バランス運用は株式や外国債券を中心に日々の利益を取っていく。生保は長期投資が基本のため、これまではマーケットチャンスを逃してきたこともあったと思う。”チャンスがあれば利益を狙う”運用をする」

(日刊工業新聞 2017/10/06)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-7

    仕事ができる人できない人  

    仕事ができるとか仕事ができないという評価はどのようにして定まってゆくのでしょうか? はっきりしてい…
  2. 2018-2-28

    セカンドオピニオンは何のためにある?

    他の治療法を探すことだけがメリットではない。 患者がある病気で診断を下された際に、診断結果やその後…
  3. 2017-3-27

    大手生保4G 外貨建て投入 相次ぐ

    大手生命保険4グループ(4G)は、2017年度の金融機関窓口販売戦略を見直している。  4G合計の…
  4. 2017-2-22

    3.相続をめぐる現状と必要となる対応

    相続をめぐる現状① ■ 遺産分割事件の新受件数推移 相続には相続税だけでなく、「遺産分割」と…
  5. 2018-1-4

    明治安田、新商品2種

    明治安田生命保険は二つの新商品を2018年度に投入する。​ 病気やケガによる短期(1-2年)の休業…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る