太陽生命、手話同時通訳サービス 保険手続き支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽生命保険は30日、保険の各種手続きや問い合わせ、加入相談などに、手話による同時通訳を8月1日から導入すると発表した。

聴覚や言語障がいを持つ同社保険の契約者や保険加入を検討している人を対象に無償で提供する。

サービス利用者は太陽生命が提携する手話の通訳オペレーターを介し太陽生命のサービスセンター担当者に問い合わせできる。

通訳オペレーターはサービスセンターの回答をリアルタイムで利用者に伝える。

サービスにはカメラ付きのパソコンかスマートフォンが必要で、映像のやりとりにはインターネット電話「スカイプ」などを使用する。

利用の際に予約は必要なく同社ホームページの専用リンクをクリックすると通訳オペレーターにつながる仕組み。

必要があれば筆談にも対応する。

(日刊工業新聞 2018/07/31)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-1

    アフラック メディカルノートに出資

    アメリカンファミリー生命保険は31日、医療従事者によるウェブメディアを運営するメディカルノートと資本…
  2. 2018-4-20

    「グループ利益、3000億円に」、第一生命HD社長、東南アなど潜在市場を開拓。

    ​第一生命ホールディングス(HD)の稲垣精二社長は日本経済新聞の取材に応じ、2023年度をめどにグル…
  3. 2018-12-14

    日本郵政、米アフラックに3000億円出資へ

      ​日本郵政は米保険大手のアフラック・インコーポレーテッドに約3000億円を出資する方針を固めた。…
  4. 2017-7-7

    夏のボーナス1万円増 日生調査 人手不足を反映

    ​日本生命が6日発表した夏のボーナスに関する調査結果によると、平均支給額は51万5000円で、前年実…
  5. 2017-2-21

    3.生命保険販売で社会的証明の原理を利用してみる

    社会的証明のもっとも使いやすい例が、「お客さまの声」です。 人は商品を販売している会社側の人間の言…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る