生保各社、収益安定とサービス向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社が、唾液などで病気かどうかが分かる簡易検査技術の確立や普及に向け、医療ベンチャーなどと協力を進めている。

技術が確立すれば、病気の早期発見で保険金の支払いが減って収益が安定し、保険サービスの向上にもつながるためだ。

 

【各社の提携先】​

日本生命:医療ベンチャーのサリバテック(山形県鶴岡市)

アフラック :日立製作所

太陽生命:バイオベンチャーのMCBI(茨城県つくば市)

https://i0.wp.com/seihoeigyo.com/wp-content/uploads/2017/12/20171219084602076.jpg

(フジサンケイビジネスアイ 2017/12/19)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-26

    業界初 高齢者専用ダイヤル 日本生命、書類記入などフォロー

    ​日本生命は26日からコールセンターに高齢者専用ダイヤルを開設し、問い合わせがあった利用客に後日オペ…
  2. 2017-7-5

    生保3社が総代会 各社中計の進捗説明

    日本生命保険、明治安田生命保険、住友生命保険の大手生保3社は4日、株式会社の株主総会に相当する総代会…
  3. 2017-3-14

    日本生命保険 沖縄県と連携

    沖縄県と健康増進やがん対策、高齢者支援などを含む包括的な連携協定を17日に締結すると13日、発表した…
  4. 2017-8-22

    がん検診 5年ごとに無償 伊藤忠 40歳以降社員、早期発見へ

    伊藤忠商事は21日、社員のがん予防・治療対策を拡充すると発表。 国立がん研究センター中央病院と提携…
  5. 2017-9-20

    「健康増進サポートプロジェクト」生命保険協会が発表!

    「健康増進サポートプロジェクト」 スポーツを通じた健康増進を促すための取り組みを進めることにより、…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る