生保各社、収益安定とサービス向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社が、唾液などで病気かどうかが分かる簡易検査技術の確立や普及に向け、医療ベンチャーなどと協力を進めている。

技術が確立すれば、病気の早期発見で保険金の支払いが減って収益が安定し、保険サービスの向上にもつながるためだ。

 

【各社の提携先】​

日本生命:医療ベンチャーのサリバテック(山形県鶴岡市)

アフラック :日立製作所

太陽生命:バイオベンチャーのMCBI(茨城県つくば市)

https://i0.wp.com/seihoeigyo.com/wp-content/uploads/2017/12/20171219084602076.jpg

(フジサンケイビジネスアイ 2017/12/19)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-15

    心が動かなければ、購入しない

    人の心が動くときには理由があります。 重大な事件に出くわして驚いたとき、身内に幸せな出来事があった…
  2. 2017-3-7

    都・民間、分野またぎ協定、健康増進や働き方、まず第一生命と

    東京都は民間企業・団体と複数の政策分野にまたがって連携を進める「ワイドコラボ協定」と呼ぶ取り組みを始…
  3. 2017-6-29

    シンガポールで保険販売(ソニー生命 共同出資でショップ)

    ソニー生命は2018年夏にも、シンガポールで様々な保険会社の商品を販売する保険ショップ事業を始める。…
  4. 2017-4-12

    太陽生命 認知症診断書の記入手引き作成

    太陽生命保険は11日、認知症保険の給付金支払いに必要な診断が円滑に行えるよう、医師向けに「診断書記入…
  5. 2017-3-13

    知的生産力

    畑で作物を作っている人は、「朝型」の生活をします。 日本人が暴飲暴食をするようになったのは、根本に…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る