生保各社、収益安定とサービス向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社が、唾液などで病気かどうかが分かる簡易検査技術の確立や普及に向け、医療ベンチャーなどと協力を進めている。

技術が確立すれば、病気の早期発見で保険金の支払いが減って収益が安定し、保険サービスの向上にもつながるためだ。

 

【各社の提携先】​

日本生命:医療ベンチャーのサリバテック(山形県鶴岡市)

アフラック :日立製作所

太陽生命:バイオベンチャーのMCBI(茨城県つくば市)

https://i0.wp.com/seihoeigyo.com/wp-content/uploads/2017/12/20171219084602076.jpg

(フジサンケイビジネスアイ 2017/12/19)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-26

    明治安田、300万人に増配、死亡率低下分還元、他の生保追随も

    明治安田生命保険は2017年度分の個人保険の契約者配当を増やす方針を固めた。 総額約70億円と11…
  2. 2017-7-3

    顧客の現況確認 本格運用

    日本郵政グループの日本郵便は30日、簡易書留郵便に返信用はがきを添えて、相手に送り返してもらう「返信…
  3. 2017-6-15

    第一生命HD滋賀大と連携

    第一生命ホールディングスはデータサイエンティストの育成を目的に滋賀大学と産学連携協定を締結した。​ …
  4. 2017-4-19

    働く女性、8割「不利」

    ソニー生命保険は18日、女性活動に関するアンケートを実施し、働く女性の79.5%が「女性が社会で働く…
  5. 2018-7-10

    生保協会、高齢者支援団体に資金助成

    生命保険協会は2日、高齢者の健康管理や自立支援に取り組むNPO法人やボランティア団体に計500万円を…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る