生保各社、収益安定とサービス向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険各社が、唾液などで病気かどうかが分かる簡易検査技術の確立や普及に向け、医療ベンチャーなどと協力を進めている。

技術が確立すれば、病気の早期発見で保険金の支払いが減って収益が安定し、保険サービスの向上にもつながるためだ。

 

【各社の提携先】​

日本生命:医療ベンチャーのサリバテック(山形県鶴岡市)

アフラック :日立製作所

太陽生命:バイオベンチャーのMCBI(茨城県つくば市)

https://i0.wp.com/seihoeigyo.com/wp-content/uploads/2017/12/20171219084602076.jpg

(フジサンケイビジネスアイ 2017/12/19)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-2

    日生、初任給引き上げ 10年ぶり最大1万円

    日本生命が大卒の総合職や事務職といった内勤社員の初任給を最大1万円引き上げることが1日、分かった。 …
  2. 2017-2-22

    4.法人保険はなぜ必要か

    法人保険はなぜ必要なのか? 経営者 ・一時に現金が必要になり、経営を圧迫しかねない。 ・勇退…
  3. 2017-3-8

    SBIいきいき少額短期保険調べ 終活認知90%

    ​人生の最後に対し、前向きに準備することで今をより良く生きる終活。 SBIいきいき少額短期保険の調…
  4. 2018-6-28

    日生、ニチイ学館との折半出資会社 完全子会社化

    日本生命保険は27日、ニチイ学館グループと折半出資するライフケアパートナーズについて、ニチイ学館グル…
  5. 2017-8-3

    ”長生きするほど得する保険”10月投入 かんぽ、品ぞろえ拡充

    かんぽ生命保険の植平光彦社長は日刊工業新聞のインタビューに応じ、同社初となるトンチン型保険を10月に…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る