保険各社、スリム化急ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険各社が人口減少の加速を見据え、業務体制のスリム化を急ぐ。

MS&ADインシュアランスグループホールディングスは約320億円を投じ、2事業会社の保険金支払いシステムを刷新・統合。

これに併せて作業内容や拠点網を見直し、年間120億円のコスト削減を見込む。

明治安田生命保険は業務自動化や人工知能活用で、現在1万人の内勤職員を1000人減らす方針だ。

明治安田生命は約20年後をめどに現在1万人の内勤社員を9000人に減らす。

2018年度からは自動化に必要なシステム開発体制の改革に乗りだし、関連人材の育成も強化する。

保険会社は業務効率化でコストや内勤社員を削減する一方、顧客接点である営業部門は増やす方針の会社が多い。

人口全体が縮小するなかで営業人員を確保するには、内部の人材シフトも重要だ。​

(日刊工業新聞 2018/01/01)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-8

    三井生命保険社長・吉村俊哉氏、3年で営業8000人体制に

    三井生命保険は2018-20年度の中期経営計画を始めた。 経営再建を進める中、前の中計では10年以…
  2. 2017-3-6

    2.生命保険の活用例

    1.相続発生直後の資金について 被相続人が葬儀費用やお墓にかかる費用を生前から準備していても、それ…
  3. 2017-10-5

    日本生命、マスミューチュアル生命を買収へ

    1000億~2000億円 銀行窓販を強化 日本生命保険は中堅のマスミューチュアル生命保険を買収する…
  4. 2017-10-6

    住友生命保険 短期投資でも利益逃さず

    日銀のマイナス金利政策について、 藤戸専務は「プラスに働いた点も多い」、「運用はどんな市場環境でも…
  5. 2018-9-18

    契約者の金利ゼロで貸し付け かんぽ生命

    ​かんぽ生命保険は北海道地震の被災者を支援するため、保険契約者を対象に行っている貸付金の金利をゼロに…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る