保険各社、スリム化急ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険各社が人口減少の加速を見据え、業務体制のスリム化を急ぐ。

MS&ADインシュアランスグループホールディングスは約320億円を投じ、2事業会社の保険金支払いシステムを刷新・統合。

これに併せて作業内容や拠点網を見直し、年間120億円のコスト削減を見込む。

明治安田生命保険は業務自動化や人工知能活用で、現在1万人の内勤職員を1000人減らす方針だ。

明治安田生命は約20年後をめどに現在1万人の内勤社員を9000人に減らす。

2018年度からは自動化に必要なシステム開発体制の改革に乗りだし、関連人材の育成も強化する。

保険会社は業務効率化でコストや内勤社員を削減する一方、顧客接点である営業部門は増やす方針の会社が多い。

人口全体が縮小するなかで営業人員を確保するには、内部の人材シフトも重要だ。​

(日刊工業新聞 2018/01/01)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-22

    生保、乗り合い代理店への上乗せ報酬自粛

    生命保険協会が、複数の保険を扱う「乗り合い代理店」に対して通常の手数料とは別に支払う上乗せ報酬を自粛…
  2. 2017-12-14

    平均寿命、男性は滋賀が初の首位 女性は長野

    厚生労働省は13日、2015年の都道府県別の平均寿命を発表した。 男性は前回調査(10年)で2位だ…
  3. 2017-2-22

    1.法人保険とは

    法人保険へのチャレンジ 法人保険にチャレンジしない理由を聞くと スポンサーリンク …
  4. 2017-5-9

    マニュライフ生命 外貨建て保険の取り扱い30行に

    マニュライフ生命保険は8日、毎月積み立てる保険料を外貨で運用する個人保険年金「こだわり個人年金(外貨…
  5. 2017-5-8

    夫婦の小遣い懐寒し 07年以来最低2万5082円

    ​明治安田生命がまとめた「家計」に関する調査によると、夫婦が自由に使えるお小遣いの月額は平均2万50…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る