保険各社、スリム化急ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険各社が人口減少の加速を見据え、業務体制のスリム化を急ぐ。

MS&ADインシュアランスグループホールディングスは約320億円を投じ、2事業会社の保険金支払いシステムを刷新・統合。

これに併せて作業内容や拠点網を見直し、年間120億円のコスト削減を見込む。

明治安田生命保険は業務自動化や人工知能活用で、現在1万人の内勤職員を1000人減らす方針だ。

明治安田生命は約20年後をめどに現在1万人の内勤社員を9000人に減らす。

2018年度からは自動化に必要なシステム開発体制の改革に乗りだし、関連人材の育成も強化する。

保険会社は業務効率化でコストや内勤社員を削減する一方、顧客接点である営業部門は増やす方針の会社が多い。

人口全体が縮小するなかで営業人員を確保するには、内部の人材シフトも重要だ。​

(日刊工業新聞 2018/01/01)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-13

    「結婚前提の交際」なし 過半数 独身アラサー 民間調査

    ​25~34歳の「アラサー世代」独身者の過半数が結婚を意識した男女交際をしたことがないという結果が、…
  2. 2017-10-2

    はたらく 総合・一般職統合し育成

    ​従業員を、配置や昇給が異なる「総合職」や「一般職」などのコースに分ける「コース別雇用管理制度」。 …
  3. 2017-9-7

    日生、定年65歳に延長へ

    内勤1万5000人 33年度実施検討​ ​日本生命保険は5日、内勤社員の定年を60歳から65歳に引…
  4. 2018-5-23

    iPS心臓治療 臨床承認 世界初筋肉細胞移植

    厚生労働省の再生医療等評価部会は16日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心臓の筋肉細胞をシー…
  5. 2017-12-13

    外貨建て保険 相次ぎ参入戦国時代

    日銀のマイナス金利清濁などに端を発する歴史的な超低金利環境を受け、生命保険会社は4月に保険の運用利回…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る