展望日本経済2018 長寿社会を支えたい 日本生命保険社長 筒井義信氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は長寿社会に入ってきており、商品戦略は死亡保障中心から、長生きをどのように支えていくかという方向に大きく変わってきている。

「トンチン年金」など、超低金利に左右されない保障性商品を普及させていく。

​商品供給ルートを複線化するため、保険ショップ向けの商品開発に特化した別会社の設立も模索していきたい。

顧客との関係ではフェイス・トゥー・フェイス(対面販売)が生命保険の基本にあるというのが私どもの理念だ。

約5万人いる営業職員は、現段階ではむしろ増やすべきだと思っている。

(毎日新聞 2018/01/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-10

    “線虫がん検査”解析数アップ 日立、新装置開発 1日に検体100以上

    日立製作所は4日、体長約1ミリの線虫に人の尿の臭いを嗅がせ、その反応からがんを発見する検査向けの自動…
  2. 2017-12-1

    保険の共同開発検討(マツキヨHDと第一生命)

    マツモトキヨシHDと第一生命HDは30日、一般消費者向けの保険販売で業務提携すると発表した。  第…
  3. 2017-6-23

    トンチン年金 契約増 長生きリスクに備え 「子に負担かけたくない」

    ​早く死ぬと損が大きい代わりに長生きするほど多くの年金を受け取れる「トンチン年金」が注目されている。…
  4. 2018-8-21

    黒田緩和修正 私の診断 第一生命執行役員の宮田康弘氏

    生命保険会社のような長期運用を原則とする投資家にとって、長期国債の流動性の低下は懸念材料だった。 …
  5. 2018-3-9

    日生、23年ぶりベア、内勤対象、月1000円改善

    日本生命保険は2018年の春季労使交渉で、総合職など約1万8000人の社員を対象に、23年ぶりとなる…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る