展望日本経済2018 長寿社会を支えたい 日本生命保険社長 筒井義信氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は長寿社会に入ってきており、商品戦略は死亡保障中心から、長生きをどのように支えていくかという方向に大きく変わってきている。

「トンチン年金」など、超低金利に左右されない保障性商品を普及させていく。

​商品供給ルートを複線化するため、保険ショップ向けの商品開発に特化した別会社の設立も模索していきたい。

顧客との関係ではフェイス・トゥー・フェイス(対面販売)が生命保険の基本にあるというのが私どもの理念だ。

約5万人いる営業職員は、現段階ではむしろ増やすべきだと思っている。

(毎日新聞 2018/01/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-28

    えっ、カーテンやソファーからも? サードハンドスモークって知っていますか?

    損失額 116兆円 これは、世界保健機関(WHO)が2017年1月に発表した、タバコが世界経済に与…
  2. 2018-4-26

    明治安田生命 健診良好なら一部返金 来春発売へ

    明治安田生命保険の根岸秋男社長(59)が毎日新聞のインタビューに応じ、健康診断(健診)の結果を毎年判…
  3. 2017-3-10

    改正道交法12日施行 3氏座談会 高齢者の運転支援

    車の暴走や逆走など、高齢ドライバーによる事故多発に対応するため、改正道路交通法が今月12日に施行され…
  4. 2018-4-23

    銀行・保険、採用を大幅減 来春新卒、業務電子化で

    ​日本経済新聞社が22日まとめた採用計画調査で、銀行や保険が2019年春入社の新卒採用を大幅に減らす…
  5. 2017-7-14

    生命保険販売と心理学~実践的な心理学活用法

    生命保険販売の実践営業に欠かせない心理学。 人の心が動くときには理由があります。 重大な事件に出…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る