展望日本経済2018 長寿社会を支えたい 日本生命保険社長 筒井義信氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は長寿社会に入ってきており、商品戦略は死亡保障中心から、長生きをどのように支えていくかという方向に大きく変わってきている。

「トンチン年金」など、超低金利に左右されない保障性商品を普及させていく。

​商品供給ルートを複線化するため、保険ショップ向けの商品開発に特化した別会社の設立も模索していきたい。

顧客との関係ではフェイス・トゥー・フェイス(対面販売)が生命保険の基本にあるというのが私どもの理念だ。

約5万人いる営業職員は、現段階ではむしろ増やすべきだと思っている。

(毎日新聞 2018/01/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-21

    日生、保険ショップ買収、「ほけんの110番」、若者の販路開拓。

    日本生命保険は全国で保険ショップを展開する「ほけんの110番」(福岡県粕屋町)を買収する方針。 …
  2. 2017-3-10

    世の中、凡人ばかりだから、楽しい

    世の中、凡人ばかりだから、楽しい。天才はきっとつまらないと思いますよ。 だって毎日何も改善すること…
  3. 2018-9-13

    変わる働き方/損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険、同水準で社員の意欲向上

    「基幹職」で仕事・報酬区分を撤廃 / 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険の取り組みは日本社会になじ…
  4. 2017-2-27

    1.人は権威によって動かされる

    私は、よく人から権威に弱いねなどと揶揄されることがあります。 警察官に声を掛けられたら、ドキッとし…
  5. 2017-2-23

    ⑤ 年金早分かり

    1.公的年金制度の基礎知識  ⑤ 年金早分かり 既契約者のお客さまである鈴木様ご夫妻が将来老後受け…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る