はたらく マネー編 就業不能の危機に備えを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気やけがで長期間働けなくなり、収入が途絶えるリスクに備える保険商品が増えてきた。

だが、保険会社により、就業不能の定義や対象となる病気など商品内容の違いも大きく、わかりにくい面もある。

スポンサーリンク


会社員は勤務先に団体長期障害所得補償保険(GLTD)があるか確認したい。
 
​民間の保険商品として、生保の就業不能保険、損保の所得保障保険がある。

商品の違いは、

①就業不能の定義

②対象となる病気

③給付が受けられない免責期間の長さ

ーーの3点。

企業向けには団体長期障害所得補償保険(GLTD)が損保各社から出ている。

保険料が安いのが大きなメリット。

ニーズがあると考えられるのが、

①住宅ローンを借りている人

②自営業者

③単身者。

精神疾患をサポートするものもでてきた。

ただし、給付期間が限られたり一時金にとどまったりするため、大きな期待はできないと考えよう。

(毎日新聞 2017/09/25)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-7-14

    業界初 専用AI工場構築(SOMPOHD・SONPOシステム)

    ​SOMPOホールディングスとSOMPOシステムズは、NTT東日本と共同で、グループ各社で収集したデ…
  2. 2017-3-1

    7.赤字企業

    赤字企業で気をつけなくてはならないのは連帯保証債務です。 赤字企業の生命保険の加入目的は、社長に万…
  3. 2018-3-6

    あんしん生命の商品開発力

    生損保一体化 調査研究に強み 一般的な生保は営業職員や保険ショップ、銀行を通じて保険を販売するが、…
  4. 2017-10-26

    ふるさと納税で、税制優遇メリットを活用しませんか?

    資産を形成するにあたって、支出を減らして手元に残るお金を増やすことは重要な要素です。 その支出の中…
  5. 2017-4-27

    生保の資産運用 脱「安全志向」

    高リスク投資、各社が組織再編 ​低金利による運用難に苦しむ生命保険各社が、リスクの高い投資を専門に…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る