はたらく マネー編 就業不能の危機に備えを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気やけがで長期間働けなくなり、収入が途絶えるリスクに備える保険商品が増えてきた。

だが、保険会社により、就業不能の定義や対象となる病気など商品内容の違いも大きく、わかりにくい面もある。

スポンサーリンク


会社員は勤務先に団体長期障害所得補償保険(GLTD)があるか確認したい。
 
​民間の保険商品として、生保の就業不能保険、損保の所得保障保険がある。

商品の違いは、

①就業不能の定義

②対象となる病気

③給付が受けられない免責期間の長さ

ーーの3点。

企業向けには団体長期障害所得補償保険(GLTD)が損保各社から出ている。

保険料が安いのが大きなメリット。

ニーズがあると考えられるのが、

①住宅ローンを借りている人

②自営業者

③単身者。

精神疾患をサポートするものもでてきた。

ただし、給付期間が限られたり一時金にとどまったりするため、大きな期待はできないと考えよう。

(毎日新聞 2017/09/25)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-10-4

    住友生命、アクサ生命と提携し介護関連事業に参入

    住友生命保険とアクサ生命保険は共同で、介護施設の紹介などを手掛ける事業を始める。 10月中にも専用…
  2. 2018-4-6

    金融庁、ソニー生命に立ち入り検査

    ​ソニー生命保険の社員から架空の生命保険契約で現金をだまし取られる被害が相次ぎ、金融庁が同社に立ち入…
  3. 2017-3-21

    作業中のストレスチェック

    三井住友海上 スマホアプリ開発 ​三井住友海上火災保険が作業中のストレスや健康状態をチェックする機…
  4. 2017-11-10

    セカンドオピニオンで失明の危機を回避

    糖尿病で専門医の受診が人生を変えた事例 目の具合が悪くなってから2年、経過観察のみで不安があった。…
  5. 2017-3-1

    6.事業承継と相続

    事業承継と同時、または事業承継の先にあるのが、相続です。 相続と相続税の納税は別の話です。相続税は…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る