はたらく マネー編 就業不能の危機に備えを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気やけがで長期間働けなくなり、収入が途絶えるリスクに備える保険商品が増えてきた。

だが、保険会社により、就業不能の定義や対象となる病気など商品内容の違いも大きく、わかりにくい面もある。

スポンサーリンク


会社員は勤務先に団体長期障害所得補償保険(GLTD)があるか確認したい。
 
​民間の保険商品として、生保の就業不能保険、損保の所得保障保険がある。

商品の違いは、

①就業不能の定義

②対象となる病気

③給付が受けられない免責期間の長さ

ーーの3点。

企業向けには団体長期障害所得補償保険(GLTD)が損保各社から出ている。

保険料が安いのが大きなメリット。

ニーズがあると考えられるのが、

①住宅ローンを借りている人

②自営業者

③単身者。

精神疾患をサポートするものもでてきた。

ただし、給付期間が限られたり一時金にとどまったりするため、大きな期待はできないと考えよう。

(毎日新聞 2017/09/25)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-27

    米国社債への投資拡大

    生保大手計画 インフラ融資も強化 ​生命保険大手5社の平成29年度上期の運用計画が26日、出そろっ…
  2. 2018-6-19

    迅速な保険金支払いに全力

    損害保険大手各社は18日、大阪北部地震を受け、家屋などの損壊に対する地震保険の保険金を早期に支払うた…
  3. 2017-12-22

    生保、乗り合い代理店への上乗せ報酬自粛

    生命保険協会が、複数の保険を扱う「乗り合い代理店」に対して通常の手数料とは別に支払う上乗せ報酬を自粛…
  4. 2017-3-6

    1.生命保険活用のメリット

    なぜ生命保険で相続(税)対策を活用するのか考えて見ましょう。 ■ 相続を抱える人の3つの悩み …
  5. 2017-3-13

    自らつかみとる

    「自らつかみとる」 子供のころ、百科事典と国語辞典を読む(見る)ことが大好きでした。勉強している気…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る