はたらく マネー編 就業不能の危機に備えを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気やけがで長期間働けなくなり、収入が途絶えるリスクに備える保険商品が増えてきた。

だが、保険会社により、就業不能の定義や対象となる病気など商品内容の違いも大きく、わかりにくい面もある。

スポンサーリンク


会社員は勤務先に団体長期障害所得補償保険(GLTD)があるか確認したい。
 
​民間の保険商品として、生保の就業不能保険、損保の所得保障保険がある。

商品の違いは、

①就業不能の定義

②対象となる病気

③給付が受けられない免責期間の長さ

ーーの3点。

企業向けには団体長期障害所得補償保険(GLTD)が損保各社から出ている。

保険料が安いのが大きなメリット。

ニーズがあると考えられるのが、

①住宅ローンを借りている人

②自営業者

③単身者。

精神疾患をサポートするものもでてきた。

ただし、給付期間が限られたり一時金にとどまったりするため、大きな期待はできないと考えよう。

(毎日新聞 2017/09/25)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-1

    3.契約者貸付・変換権という切り口

    法人に関しては、世間話、立話程度で5分10分でアプローチしないといけません。 まず社長に、いかに深…
  2. 2017-7-18

    介護と認知症で業界初の保障 メットライフ生命 「FlexiS」「FlexiGoldS」発売

    ​メットライフ生命は7月2日から新商品「FlexiS(フレキシィ エス)」「Flexi GoldS(…
  3. 2018-5-31

    介護保険法改正に伴う被保険者への負担

    満40歳以上の方が毎月納める介護保険料。 介護を必要とする人が適切なサービスを受けられるよう社会全…
  4. 2017-6-7

    日生、営業ノウハウ移植

    日本生命保険は2017年度中に、出資先であるインドネシアのセクイスライフの全拠点約200カ所に両社で…
  5. 2018-6-19

    迅速な保険金支払いに全力

    損害保険大手各社は18日、大阪北部地震を受け、家屋などの損壊に対する地震保険の保険金を早期に支払うた…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る