就業不能保険への参入相次ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気やケガなどで働けなくなると保険金が出る「就業不能保険」への生命保険各社の参入が相次いでいる。

日銀のマイナス金利政策による低金利で、一時払い終身保険や個人年金保険などの「貯蓄性商品」が運用難による苦戦を強いられているためだ。

スポンサーリンク


各社は、低金利の影響を受けない商品の開発・販売で“苦境”を乗り切ろうとしている。

住友生命保険は22日、平成27年10月に販売した就業不能保険「未来デザイン1UP」の加入件数が6月末までに65万件に達したと明らかにした。

当初は終身保険に特約として追加できる形だったが、「今年4月に単体での加入も可能にして契約数が伸びた」(担当者)。

がん保険最大手のアメリカンファミリー生命保険(アフラック)、太陽生命保険なども同様商品の販売を始めるなど、昨年以降8社が参入した。

今年10月からは最大手の日本生命保険と損害保険大手の東京海上日動保険も追随する。

働けなくなった場合の生活費に不安を抱える単身世帯などを取り込もうと、住友生命、太陽生命が精神疾患まで、アフラックは医師の指示があれば在宅療養まで保険金を支払う対象とするなどの特徴を持たせた。

(産経新聞 2017/08/23)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-22

    日生からの受託拡大 米TCW 代替投資分野の運用

    日本生命保険が2017年度に出資した米大手運用会社TCWのデビット・リップマン最高経営責任者(CEO…
  2. 2017-2-22

    金融庁、生保に不信、「地銀の経営、大株主として監視を」

    生命保険業界が金融庁幹部の発言に揺れている。 主な生保会社は上場地銀の株式を数多く持つ「地銀界の大…
  3. 2017-8-30

    チューリッヒ生命 終身医療保険の保険料引き下げ

    チューリッヒ生命保険は、9月2日から終身医療保険2商品の保険料を見直し、30-40代が加入しやすい価…
  4. 2018-6-28

    日生、ニチイ学館との折半出資会社 完全子会社化

    日本生命保険は27日、ニチイ学館グループと折半出資するライフケアパートナーズについて、ニチイ学館グル…
  5. 2018-11-28

    生保、当面は慎重運用

    利上げ局面にある米金融政策や米中貿易戦争の行方などが読みにくく、金融市場の先行き不透明感は強まってい…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る