生保協、株式価値向上へ提言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険協会は21日、企業の株式価値向上に向けた提言をまとめたと発表した。

​取締役会の実効性向上に向けた取り組みを企業に促すほか、機関投資家に対し、中長期的な視点で企業と対話することを求める。金融庁も機関投資家の行動指針(スチュワードシップ・コード)の見直しを進めている。経営側と投資家双方の透明性向上により、持続的な経済成長を図る。

スポンサーリンク



企業には社外取締役の拡充や取締役全員の経験・専門分野にバランスを持たせることに加え、資本効率の向上などを求める。投資家には短期的な視点にとらわれることなく、企業と対話を進めるように求める。また、企業と投資家の双方に対し、対話に関わる人材の拡充を提言する。

金融庁が22日の有識者検討会で示すスチュワードシップ・コードの改定案は、個別の議決権行使結果の開示を強く求める内容となる。個別開示をしない場合はその理由の積極的な開示を求めるほか、必要に応じて議案に対する賛否の理由を対外的に説明するよう求める。

(産経新聞 2017/03/22)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-30

    SOMPOHD 海外保険大手の買収完了

    SOMPOホールディングス(HD)は29日、海外保険大手のエンデュランス・スペシャルティHDの買収が…
  2. 2017-5-1

    アナログ結構!反逆の思考術

    反逆の思考術 あなたが今やっている仕事は、本当にやりたい職業か? 今のままでいいと思っている…
  3. 2018-9-3

    持病あっても入れる保険 健康条件を緩和、加入後に割引も

    高血圧や糖尿病といった持病があっても加入できる生命保険はあります。 「引受基準緩和型保険」といい、…
  4. 2018-4-26

    明治安田、議決権行使結果を全面開示へ

    明治安田生命保険は2018年度から株主総会で投じた個別議案に対する賛否の結果について、全面的に開示す…
  5. 2018-1-4

    保険各社、スリム化急ぐ

    保険各社が人口減少の加速を見据え、業務体制のスリム化を急ぐ。 ​MS&ADインシュアランス…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る