貯蓄型保険販売 外貨建てを軸に(明治安田生命)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険は、今後の貯蓄型保険の販売の主力を「外貨建て」に移す方針だ。

円建ての貯蓄型保険は国債などで運用するが、日本銀行の金融緩和で超金利が続き、利回りが確保できない状況が続く。

スポンサーリンク


外貨建ては為替リスクがあるが、一定の利回りが期待できるため、販売の軸足を移す。

​貯蓄型保険は、契約者から預かった保険料を保険会社が運用し、一定の利回りを約束する。

日銀がマイナス金利政策を導入して以降、国債の利回りが急低下。

利回りの確保が難しくなっている。

ただ、老後の備えなどとして貯蓄型保険のニーズは根強い。

明治安田は為替差損などにリスクに関する説明を十分した上で、外貨建ての販売を増やす方針。

(産経新聞 2018/01/13)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-24

    ②アプローチブック

    ファーストアプローチで使うツールとしてアプローチブックがあります。 生命保険各社が用意しているもの…
  2. 2018-5-8

    「サバティカル休暇」制度に注目

    サバティカル休暇制度が注目されています。 一定期間勤続した社員に1ヶ月~1年程度の長期休暇を与える…
  3. 2017-2-27

    1.「コミットメント」する習慣をつける

    一貫性の法則とは、人は一度決めたことは貫き通そうとするということです。 この法則を生命保険営業で用…
  4. 2017-6-8

    保険料 健康に応じて変動(Behind the Curtain金融商品値決めの舞台裏)

    ネオファースト生命が大手生保で初めて商品化したのは、健康状態に応じて保険料を割り引いたり割り増しした…
  5. 2017-5-17

    500万人の医療データ分析(日生、企業向け健康支援)

    日本生命は野村総合研究所、リクルートホールディングスと連携し、医療データを使った健康支援サービスを始…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る