日本生命、劣後債1000億円発行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は13日、国内の機関投資家向けに劣後債を1000億円発行すると発表した。

2020年度末までに、自己資本6.5兆円を積み立てる計画の実現に向けた第一歩。

スポンサーリンク


低金利環境での収益向上に向け、財務基盤を強化する。

発行するのは、円建ての30年債。

利率は当初10年間は年1.05%の固定、その後は5年ごとに見直す。

劣後債は元本や利息の支払い返済順位が低い反面、利率は高めに設定される。

(フジサンケイビジネスアイ 2017/04/14)

​日本生命ニュースリリース http://www.nissay.co.jp/news/2017/pdf/20170413b.pdf

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    営業職を対象に生保営業職賃金値上げ方針 日生・住生・明治安田

    ​日本生命は営業成績に応じて決まる「成果給」を引き上げる。 日本生命保険と住友生命保険、明治安田生…
  2. 2017-6-7

    上智大と組み長期インターン

    第一生命ホールディングスは約1か月間の長期インターンシップ(就労体験)制度を導入する。 ​まず上智…
  3. 2018-3-19

    日生劣後債に予備格付け

    格付投資情報センター(R&I)は16日、日本生命保険が特別目的会社(SPC)を通じて発行する…
  4. 2017-12-4

    日生 海外幹部3倍計画

    ​日本生命保険は、海外グループ会社の経営を担える人材の育成を強化する。 2030年までに現地ビジネ…
  5. 2017-4-27

    日本IBM、かんぽ支援 AIで保険金支払い査定

    日本IBMはかんぽ生命保険に対し、人口知能(AI)「ワトソン」を活用して保険金支払い審査業務の効率化…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る