ひまわり生命 全社員対象に郊外療養を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が、今年度から全社員を対象に郊外で療養する「クアオルト」を導入したことが1日、分かった。

同社は3,200人の社員全員を対象に募集し、1泊2日のクアオルト体験を促す。

費用の一部は会社が負担する予定で、社外活動を充実させることで、職場のコミュニケーションの活性化も狙っている。
 

​クアオルトとは、ドイツ語で療養地という意味。

現在は、治療以外に、「健康づくり」として活用されている。

(フジサンケイビジネスアイ 2017/06/02)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-13

    知的生産力

    畑で作物を作っている人は、「朝型」の生活をします。 日本人が暴飲暴食をするようになったのは、根本に…
  2. 2017-6-7

    日生、営業ノウハウ移植

    日本生命保険は2017年度中に、出資先であるインドネシアのセクイスライフの全拠点約200カ所に両社で…
  3. 2017-11-1

    逆風生保 「原点」の海外で攻める 第一生命ホールディングス社長 稲垣精二氏 54

    最年少社長・役員は先輩・・・気にしない 小中5年はロンドン 英国流のしつけ お金で買えない「…
  4. 2017-3-7

    ダンドリ

    実際の行動に移る前の「ダンドリ」を以下にきめ細かく手抜きなくやるかは、あなたの行動の成否を握っていま…
  5. 2017-3-21

    認知症 保険で備え

    ​8年後には、65歳以上の5人に1人が発症するとされる認知症。 認知症でない人に比べて介護費用がか…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る