ひまわり生命 全社員対象に郊外療養を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が、今年度から全社員を対象に郊外で療養する「クアオルト」を導入したことが1日、分かった。

同社は3,200人の社員全員を対象に募集し、1泊2日のクアオルト体験を促す。

費用の一部は会社が負担する予定で、社外活動を充実させることで、職場のコミュニケーションの活性化も狙っている。
 

​クアオルトとは、ドイツ語で療養地という意味。

現在は、治療以外に、「健康づくり」として活用されている。

(フジサンケイビジネスアイ 2017/06/02)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-6

    日本の変額年金事業で準備金過剰(メットライフ)

    ​米保険会社メットライフは1日、日本の変額年金に関し内部統制上の重大な不備が発覚したと発表した。 …
  2. 2017-2-21

    2.ダンドリと目標設定

    人は本当に望むことを実現したいときは、具体的に行動を考え、検討し、入念な準備をします。 この準備の…
  3. 2018-3-22

    ひまわり生命、中小の健康経営支援 商品・コンサル一括

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は中小企業を対象にした健康経営パッケージの提供を4月に開始する。…
  4. 2017-4-27

    生保にフィンテック

    生命保険大手が人工知能(AI)やビッグデータを駆使した「フィンテック保険」の開発を進めている。 フ…
  5. 2018-5-8

    三井生命と三井住友信託銀が新商品

    ​三井生命保険と三井住友信託銀行は7日、外貨を円に換算するレートを加入時を基準に固定することで、顧客…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る