ひまわり生命 全社員対象に郊外療養を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が、今年度から全社員を対象に郊外で療養する「クアオルト」を導入したことが1日、分かった。

同社は3,200人の社員全員を対象に募集し、1泊2日のクアオルト体験を促す。

費用の一部は会社が負担する予定で、社外活動を充実させることで、職場のコミュニケーションの活性化も狙っている。
 

​クアオルトとは、ドイツ語で療養地という意味。

現在は、治療以外に、「健康づくり」として活用されている。

(フジサンケイビジネスアイ 2017/06/02)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-16

    将来日本の推計人口は?

    日本の総人口は減少を続け今から36年後の2053年には1億人を切り9,924万人水準まで減少します。…
  2. 2018-12-7

    「節税保険」の見直し要求 金融庁、高い返戻金を問題視

    金融庁が生命保険業界に一部商品の設計の見直しを求めた 中小企業経営者向けの死亡定期保…
  3. 2017-2-21

    生保、国債買い抑制も、今年度末、資産積み増す必要性後退

    例年、年度末に膨らむ傾向のある生命保険会社による国債買いが、今年は控えめな増え方になる可能性が出てき…
  4. 2018-5-31

    地域銀 法人保険の推進強化

    地域銀行は、法人保険の提案を積極化させる。 本業での収益確保が厳しいなか、役務収益の新たな柱に育て…
  5. 2018-4-16

    アフラック社長古出真敏氏、事業戦略にスピード感

    アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が今月から、日本法人化し「アフラック生命保険」として再スタ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る