生命保険で事業承継に備えを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者に万が一のことがあった場合、中小企業を突然の危機から守るには何が必要かー。

民間調査会社が2017年2月に発表した調査によると、全国の社長の平均年齢は61.19歳(※1)。

団塊世代の社長の交代が進まず、70代以上の増加が顕著となっている。

※1 東京商工リサーチ「2016年 全国社長の年齢調査」より

中小企業の社長が病気や事故で突然に亡くなった場合、最初に問題となるのが借入金や運転資金だ。

借入金の返済資金や当面の運転資金を確保するには、まず第一に貯蓄だ。

スポンサーリンク


税理士法人HOP小川実代表は「まずは借入金元本と運転資金の半年分は必要」と語る。

さらに理想としては「それぞれ3年分ためられれば、リーマン・ショックなどの大不況にも対応できる」と言い切る。

だが半年分でさえ、十分に貯蓄できている中小企業は少ないのが実情だ。

「事業承継の資金的な準備ができているのは、全体の2割ぐらいではないか」と推測する。

そのため有効なのが経営者向けの生命保険だ。

「貯蓄と保険を組み合わせて3年分の運転資金を確保できれば十分」と言葉に力を込める。

また「保険に入る際は、目的と年齢を考えて入るべきだ」とした上で、「若い経営者ならやり直しがきくので、最低限家族の生活を守れるだけの安い掛け捨て保険で大丈夫だが、高齢の社長で社員が多い場合はやはり法人向け保険で、それなりの保障額のあるものに入ることが必要になる」と話す。

(日刊工業新聞 2018/01/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-22

    生保、国内外でM&A

    新中計 成長基盤を構築 ​大手生命保険2社の新たな中期経営計画が2017年度から始まる。日銀のマイ…
  2. 2017-6-13

    生保協会長、出口戦略開かれた議論を

    生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)の任期最後となった9日の定例会見 日銀が大規模な…
  3. 2017-12-13

    外貨建て保険 相次ぎ参入戦国時代

    日銀のマイナス金利清濁などに端を発する歴史的な超低金利環境を受け、生命保険会社は4月に保険の運用利回…
  4. 2017-5-12

    日生、母の日アンケート プレゼント「贈る」76%

    日本生命保険が実施した「母の日」に関するインターネットアンケートによると、「プレゼントを贈る」との回…
  5. 2017-3-16

    貯蓄型保険 値上げの春 ​マイナス金利の影響で運用悪化

    貯蓄型の終身保険や学資保険などの保険料が、4月に一斉値上げされる。 日本銀行のマイナス金利政策で保…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る