生命保険で事業承継に備えを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者に万が一のことがあった場合、中小企業を突然の危機から守るには何が必要かー。

民間調査会社が2017年2月に発表した調査によると、全国の社長の平均年齢は61.19歳(※1)。

団塊世代の社長の交代が進まず、70代以上の増加が顕著となっている。

※1 東京商工リサーチ「2016年 全国社長の年齢調査」より

中小企業の社長が病気や事故で突然に亡くなった場合、最初に問題となるのが借入金や運転資金だ。

借入金の返済資金や当面の運転資金を確保するには、まず第一に貯蓄だ。

スポンサーリンク


税理士法人HOP小川実代表は「まずは借入金元本と運転資金の半年分は必要」と語る。

さらに理想としては「それぞれ3年分ためられれば、リーマン・ショックなどの大不況にも対応できる」と言い切る。

だが半年分でさえ、十分に貯蓄できている中小企業は少ないのが実情だ。

「事業承継の資金的な準備ができているのは、全体の2割ぐらいではないか」と推測する。

そのため有効なのが経営者向けの生命保険だ。

「貯蓄と保険を組み合わせて3年分の運転資金を確保できれば十分」と言葉に力を込める。

また「保険に入る際は、目的と年齢を考えて入るべきだ」とした上で、「若い経営者ならやり直しがきくので、最低限家族の生活を守れるだけの安い掛け捨て保険で大丈夫だが、高齢の社長で社員が多い場合はやはり法人向け保険で、それなりの保障額のあるものに入ることが必要になる」と話す。

(日刊工業新聞 2018/01/10)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-1

    2.創業期

    法人にも人と同じように創業して、生まれて成長し、成熟して次世代にバトンタッチするというようなライフサ…
  2. 2017-6-7

    日生、営業ノウハウ移植

    日本生命保険は2017年度中に、出資先であるインドネシアのセクイスライフの全拠点約200カ所に両社で…
  3. 2017-3-27

    大手生保4G 外貨建て投入 相次ぐ

    大手生命保険4グループ(4G)は、2017年度の金融機関窓口販売戦略を見直している。  4G合計の…
  4. 2018-9-21

    診断の遅れ、保険で減らす 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命大場社長インタビュー

    超高齢社会になりました。長寿は喜ばしいですが、長生きのリスクに直面するようになりました。 生命保険…
  5. 2017-9-19

    定年延長 シニアに活躍の場 企業の18%が「廃止」「65歳以上」

    ​少子高齢化によって各業界で人手不足が問題となる中、従業員の定年を延長する企業が相次いでいる。 明…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る