太陽光ファンドに出資 日生100億円大同生命20億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険と大同生命保険は29日、GEEFSエナジー・ジャパン合同会社が設立した太陽光発電事業向けファンド「EFSエナジー・ジャパン投資事業有限責任組合」に出資するとそれぞれ発表した。

投資額は日生が100億円で、大同が20億円。

両社とも国内インフラファンドへの投資は初めて。

25年間で約5%の利回りを見込んでいる。

同ファンドは国内の太陽光発電事業が投資対象で、募集金額は同種ファンドの最大規模となる750億円。

日生は17年度から20年度までを対象とした中期経営計画で、200億円のESG(環境、社会、統治)投融資を計画。

同ファンドへの投資もその一環。

 

日生リリース

http://www.nissay.co.jp/news/2017/pdf/20170629.pdf
 

(日刊工業新聞  2017/06/30)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    3.最初に安い商品を売ることは有効か

    化粧品などの宣伝で、本来5,000円の商品が、今だけ500円で2週間分の試供品を提供しますというよう…
  2. 2018-7-17

    石炭火力に投融資 日生、取りやめへ

    日本生命保険が二酸化炭素(CO2)排出量が多い石炭火力関連事業への新規の投融資を取りやめる方針を固め…
  3. 2018-4-17

    第一生命HD、アルファコンサル買収 代理店ノウハウ吸収

    第一生命ホールディングス(HD)は16日、保険販売代理店のアルファコンサルティング(名古屋市中区)を…
  4. 2017-3-1

    4.安定成熟期

    4.安定成熟期 安定成熟期とは成長期を経て、多少の経営上のリスクがあっても、会社の体力で事業が…
  5. 2018-7-25

    生保の経営者保険、危ういヒット

    支払った保険料を全額会社の経費として計上できる「全損型」の経営者向け生命保険が拡大している。 足元…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る