太陽光ファンドに出資 日生100億円大同生命20億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険と大同生命保険は29日、GEEFSエナジー・ジャパン合同会社が設立した太陽光発電事業向けファンド「EFSエナジー・ジャパン投資事業有限責任組合」に出資するとそれぞれ発表した。

投資額は日生が100億円で、大同が20億円。

両社とも国内インフラファンドへの投資は初めて。

25年間で約5%の利回りを見込んでいる。

同ファンドは国内の太陽光発電事業が投資対象で、募集金額は同種ファンドの最大規模となる750億円。

日生は17年度から20年度までを対象とした中期経営計画で、200億円のESG(環境、社会、統治)投融資を計画。

同ファンドへの投資もその一環。

 

日生リリース

http://www.nissay.co.jp/news/2017/pdf/20170629.pdf
 

(日刊工業新聞  2017/06/30)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-6

    障害者雇用を促進

    明治安田生命保険は障害者雇用促進のため100%子会社「明治安田ビジネスプラス」を設立した。 ​ 主…
  2. 2018-1-22

    保険金支払い 査定はAIで 明治安田 4月にも

    ​明治安田生命の根岸秋男社長が、保険金や人口知能(AI)を活用し、業務の効率化を進めて査定業務の時間…
  3. 2017-2-24

    ②ファクトファインディングの目的

    ファクトファイディングの目的は、必要保障額の算出に必要な情報を得ながら深い信頼を築き、紹介入手のため…
  4. 2017-3-21

    日生、保険ショップ買収、「ほけんの110番」、若者の販路開拓。

    日本生命保険は全国で保険ショップを展開する「ほけんの110番」(福岡県粕屋町)を買収する方針。 …
  5. 2017-7-5

    家計の知恵 民間介護保険 使いやすく 支払い基準 緩め増加 要支援1でも

    保険金を受け取りやすいタイプの介護保険を生命保険会社が投入している。 保険金の支払いを認める基準が…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る