太陽光ファンドに出資 日生100億円大同生命20億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険と大同生命保険は29日、GEEFSエナジー・ジャパン合同会社が設立した太陽光発電事業向けファンド「EFSエナジー・ジャパン投資事業有限責任組合」に出資するとそれぞれ発表した。

投資額は日生が100億円で、大同が20億円。

両社とも国内インフラファンドへの投資は初めて。

25年間で約5%の利回りを見込んでいる。

同ファンドは国内の太陽光発電事業が投資対象で、募集金額は同種ファンドの最大規模となる750億円。

日生は17年度から20年度までを対象とした中期経営計画で、200億円のESG(環境、社会、統治)投融資を計画。

同ファンドへの投資もその一環。

 

日生リリース

http://www.nissay.co.jp/news/2017/pdf/20170629.pdf
 

(日刊工業新聞  2017/06/30)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-7

    保険4社の約款に「遺伝」情報

    日本生命を含む4社の約款に家族の病歴などの遺伝情報を審査に使っていると取られかねない記載があったと金…
  2. 2017-6-29

    「暮らしと生保」作文募集

    生命保険文化センターは、「わたしたちのくらしと生命保険」をテーマにした作文コンクールの作品を募集して…
  3. 2017-6-6

    障害者雇用を促進

    明治安田生命保険は障害者雇用促進のため100%子会社「明治安田ビジネスプラス」を設立した。 ​ 主…
  4. 2017-5-19

    既婚者の小遣い、過去最低の2.5万円

    ​明治安田生命保険が18日までにまとめた家計に関するアンケートによると、既婚者の小遣いは月平均で2万…
  5. 2017-3-3

    2.老後生活資金の準備について

    人生のリスク、保険設計をするうえで考えなければならない2つのリスクがあります。 まず1つ目は、早期…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る