太陽光ファンドに出資 日生100億円大同生命20億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険と大同生命保険は29日、GEEFSエナジー・ジャパン合同会社が設立した太陽光発電事業向けファンド「EFSエナジー・ジャパン投資事業有限責任組合」に出資するとそれぞれ発表した。

投資額は日生が100億円で、大同が20億円。

両社とも国内インフラファンドへの投資は初めて。

25年間で約5%の利回りを見込んでいる。

同ファンドは国内の太陽光発電事業が投資対象で、募集金額は同種ファンドの最大規模となる750億円。

日生は17年度から20年度までを対象とした中期経営計画で、200億円のESG(環境、社会、統治)投融資を計画。

同ファンドへの投資もその一環。

 

日生リリース

http://www.nissay.co.jp/news/2017/pdf/20170629.pdf
 

(日刊工業新聞  2017/06/30)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-8

    シニア世代のためのライフプラン

    豊かな人生を過ごすための シニアライフ・プランニング 仏教の世界で人間のあらゆる苦しみのことを「四…
  2. 2018-1-5

    同業「みつばち」傘下に(ニュートンFC)

    みつばち保険グループ(東京・豊島)を子会社化 来店型保険ショップ「保険見直し本舗」を展開するるニュ…
  3. 2017-4-6

    お風呂でおぼれる人

    自力でお風呂に入れる人が、一体なんで浴槽で溺死してしまうのでしょうか?  普通のお風呂は、70セン…
  4. 2018-12-4

    第一生命、自社の不動産を起業支援施設に

    第一生命保険は自社で持つ不動産をベンチャー企業の起業支援施設として活用する。 運営会社と組んで12…
  5. 2017-3-10

    目的があるとチャンスが生まれる

    目的がないと、いろいろな人生の岐路に当って、進むべき方向の選択ができないということです。 「取捨選…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る