生保大手、システム投資 資産運用高度化下支え 外債・内外株 利回り確保

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資産運用の高度化・多様化を推進するため、大手生命保険各社は相次ぎシステム投資に乗り出す。

日本生命は2018年までに運用システムを更新。住友生命や明治安田生命もシステム基盤を強化する方針。

スポンサーリンク


​各社は利回り確保のため、外国債券や内外株式などの比率を高めており、その変化に対応するためシステムの高度化が必要となっている。

日本生命は段階的にシステム更新する方針で、ポートフォリオのリスク管理システムやリスク分析のシミュレーション機能を充実させる。

住友生命は単純な事務作業をコンピューターで代行するロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の導入も研究する。

明治安田生命も有価証券取引処理の電子化・自動化を実現。

第一生命も資産運用部門でRPA導入を推進する。

(日刊工業新聞 2017/10/17)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-1

    1.経営者の必要保障額

    ”社長さん!4つの備え、できていますか?目的別に加入しないと損しますよ!” 4つの備え(今日は4つ…
  2. 2018-3-2

    住生が代理店販売倍増

    住友生命保険は商品を拡充し、保険ショップや金融機関窓口など代理店を通じた保険販売を拡大する。 子会…
  3. 2018-4-24

    日生、指紋・顔・声で契約者を識別

    ​日本生命保険が生体認証による本人確認サービスを導入することが23日、分かった。 早ければ7月にも…
  4. 2018-12-17

    外貨建て保険、監督強化 誤解招く利回り説明を見直しへ

    金融庁が生命保険会社の外貨建て保険の監督強化に乗り出した。 超低金利の中で高利回りの外貨建て…
  5. 2017-2-21

    2.ダンドリと目標設定

    人は本当に望むことを実現したいときは、具体的に行動を考え、検討し、入念な準備をします。 この準備の…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る