生保大手、システム投資 資産運用高度化下支え 外債・内外株 利回り確保

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資産運用の高度化・多様化を推進するため、大手生命保険各社は相次ぎシステム投資に乗り出す。

日本生命は2018年までに運用システムを更新。住友生命や明治安田生命もシステム基盤を強化する方針。

スポンサーリンク


​各社は利回り確保のため、外国債券や内外株式などの比率を高めており、その変化に対応するためシステムの高度化が必要となっている。

日本生命は段階的にシステム更新する方針で、ポートフォリオのリスク管理システムやリスク分析のシミュレーション機能を充実させる。

住友生命は単純な事務作業をコンピューターで代行するロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の導入も研究する。

明治安田生命も有価証券取引処理の電子化・自動化を実現。

第一生命も資産運用部門でRPA導入を推進する。

(日刊工業新聞 2017/10/17)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-2

    第一生命 企業年金の事務代行

    第一生命保険は企業年金(確定給付年金)の運営に関し、企業側の事務作業を有償で請け負うサービスを始めた…
  2. 2017-5-8

    かんぽ”標準”勝ち取る

    日本郵政グループのかんぽ生命保険が米IBMの認知型コンピュータシステム「ワトソン」の本格運用を開始し…
  3. 2018-12-13

    生保各社、外貨建て保険の利回り見える化 ガイドライン改定へ

    利回り見える化 日本生命保険や第一生命ホールディングスなど生保各社は、運用商品に近い性質を持つ外貨建…
  4. 2017-7-25

    「腫瘍」 「肉腫」 「ポリープ」 「異形成」 「悪性リンパ腫」

    それぞれの特徴は? 腫瘍 腫瘍とは、できもの一般を指します。指にできるイボも腫瘍ですし、肉腫、…
  5. 2017-5-15

    かんぽ生命社長に植平氏

    かんぽ生命保険は石井雅実社長が退任し、後任に植平光彦専務執行役が昇格する人事を固めた。 ​ 植平氏…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る