生保大手、システム投資 資産運用高度化下支え 外債・内外株 利回り確保

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資産運用の高度化・多様化を推進するため、大手生命保険各社は相次ぎシステム投資に乗り出す。

日本生命は2018年までに運用システムを更新。住友生命や明治安田生命もシステム基盤を強化する方針。

スポンサーリンク


​各社は利回り確保のため、外国債券や内外株式などの比率を高めており、その変化に対応するためシステムの高度化が必要となっている。

日本生命は段階的にシステム更新する方針で、ポートフォリオのリスク管理システムやリスク分析のシミュレーション機能を充実させる。

住友生命は単純な事務作業をコンピューターで代行するロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の導入も研究する。

明治安田生命も有価証券取引処理の電子化・自動化を実現。

第一生命も資産運用部門でRPA導入を推進する。

(日刊工業新聞 2017/10/17)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-28

    えっ、カーテンやソファーからも? サードハンドスモークって知っていますか?

    損失額 116兆円 これは、世界保健機関(WHO)が2017年1月に発表した、タバコが世界経済に与…
  2. 2018-8-27

    第一生命と包括連携 特別区長会 ビジネス交流など

    東京23区で構成する特別区長会は23日、第一生命保険と包括連携協定を結んだ。 23区は都外自治体の…
  3. 2018-3-6

    日本の変額年金事業で準備金過剰(メットライフ)

    ​米保険会社メットライフは1日、日本の変額年金に関し内部統制上の重大な不備が発覚したと発表した。 …
  4. 2017-3-2

    3.人生のリスクをカバーするために必要な4つの費用

    夢を阻害するストーリー 病気が確認される前~死亡まで、特に重い病気にかかったときを想定し、病気と「…
  5. 2017-2-21

    1.生命保険営業で心理学を学ぶことが効果的な理由

    生命保険営業では、常にお客さまを相手にします。 1対1の関係でお話を進めていくわけです。相手がご夫…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る