大樹生命へ 4月に変更  三井生命、販売網は維持

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井生命保険は29日、2019年4月から社名を「大樹生命保険」に変更すると発表した。

90年以上続く「三井」の名に別れを告げる一方、三井グループの販売網などは今後も維持する方針だ。

親会社の日本生命保険と運用ノウハウ活用などを進め、契約者に支払うお金が運用益を上回る「逆ざや」の早期解消を目指す。

新社名は三井生命が約50年前から扱う「大樹」シリーズから来たもので、顧客からの知名度も高いと判断した。

社名に「日生」はつけず、コーポレートカラーは引き続き緑とする。

社名変更後も三井系の77社が所属する「月曜会」に残り、団体保険などを提供する。

三井住友銀行や三井住友信託銀行との商品の共同開発も続ける方針だ。

三井生命の18年4~9月期の銀行窓口での販売は約1万件で、うち半分が三井グループでの販売だった。

三井生命は日生が三井住友銀などから約8割の株式を買い取り15年度に買収した。

買収後も三井の名を使っていたが、このほど「三井」の商号を管理する三井商号商標保全会から商号変更を求められた。

(日本経済新聞 2018/11/30)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-7-25

    「保険デザイン」 住友生命が買収

    住友生命保険は24日、関西を中心に保険の乗り合い代理店を展開する「保険デザイン」を買収すると発表した…
  2. 2018-5-8

    「サバティカル休暇」制度に注目

    サバティカル休暇制度が注目されています。 一定期間勤続した社員に1ヶ月~1年程度の長期休暇を与える…
  3. 2017-3-22

    生保協、株式価値向上へ提言

    生命保険協会は21日、企業の株式価値向上に向けた提言をまとめたと発表した。 ​取締役会の実効性向上…
  4. 2018-1-29

    楽天、損保に参入

    楽天は野村ホールディングス傘下の損害保険会社、朝日火災海上保険を買収する。 400億~500億円を…
  5. 2017-4-27

    日本IBM、かんぽ支援 AIで保険金支払い査定

    日本IBMはかんぽ生命保険に対し、人口知能(AI)「ワトソン」を活用して保険金支払い審査業務の効率化…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る