生損保「人材確保は地方で」 相次ぐ機能移転、手厚い誘致策も奏功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大規模災害に備えたリスク分散を目的に、生損保などが基幹業務の一部を相次いで地方に移転している。

東京など大都市圏と比べ人材が確保しやすい点も企業には魅力で、コールセンターの拠点増強の動きが目立つ長崎市では行政の手厚い誘致策も奏功し、地域活性化に期待が高まっている。

■コールセンター拡充

「長崎は戦略的に極めて重要。採用を増やす」。

外資系のチューリッヒ保険の西浦正親日本代表は8日、コールセンターや自動車保険の査定支払いなどの業務を担う長崎市の新オフィス開所式で、拡充を図る姿勢を鮮明にした。

2015年2月に開設したコールセンターは約140人収容可能だが、これを250人が働けるオフィスに移す。

毎年30~40人を採用し、数年かけ収容人数を満たすという。

同席した長崎県の中村法道知事も「県の最大の課題は若い世代の人口減少。

対策に弾みがつく」と話した。

長崎県の17年平均の有効求人倍率は1.18で全国を0.32ポイント下回る。

長崎労働局によると、コールセンター業務などに当たる一般事務員の求職者数は求人数を大きく上回る状況だ。

大学・短大数が比較的多く、採用しやすい環境も拠点増強を後押ししたとみられる。

■札幌や仙台、長崎…

企業の機能移転をめぐっては、外資系のアクサ生命保険が本社機能の一部を札幌市に移転したほか、アメリカンファミリー生命保険も18年4月に仙台市にコールセンター開設を計画する。

長崎でもオリックス生命保険が既にコールセンターや保険金支払い業務などを移し、20年3月末までに約400人に拡充予定だ。

このほか経営コンサルティング会社などにも熊本へ本社機能を移すといった動きも出ている。

一方、受け入れる地方側の誘致競争は激化している。

これまで沖縄県や北海道などでコールセンターの集積が目立っていたが、人手不足などで勢いに陰りも見える。

沖縄県の担当者は「最近は人手不足を感じる」と話すほか、北海道は「札幌市内のオフィスビルはほぼ満室。

まとまった場所を確保するのは簡単でない」(担当者)と分析する。

■通信費や賃貸料負担

長崎県と長崎市は、立地協定の締結などを条件に、通信費や賃貸料をそれぞれ半額負担したり、1人当たり30万円を補助したりする制度を用意。

企業担当者の大学訪問の日程調整といった採用活動支援にも力を入れる。

長崎市では13年以降、生損保会社を中心に計15社が県などの補助金を受け、計約2600人の雇用効果があるという。

県などでつくる長崎県産業振興財団の清田純グループ長は「十分な人材が集まらず雇用計画を満たせないと、企業は長崎以外の地域に目を向ける。

県としては雇用の受け皿を増やしたい」と話した。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/02/19)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-7

    都・民間、分野またぎ協定、健康増進や働き方、まず第一生命と

    東京都は民間企業・団体と複数の政策分野にまたがって連携を進める「ワイドコラボ協定」と呼ぶ取り組みを始…
  2. 2017-12-22

    生保、乗り合い代理店への上乗せ報酬自粛

    生命保険協会が、複数の保険を扱う「乗り合い代理店」に対して通常の手数料とは別に支払う上乗せ報酬を自粛…
  3. 2017-7-5

    家計の知恵 民間介護保険 使いやすく 支払い基準 緩め増加 要支援1でも

    保険金を受け取りやすいタイプの介護保険を生命保険会社が投入している。 保険金の支払いを認める基準が…
  4. 2018-7-2

    柔軟な発想で将来見通し(日本生命役員インタビュー)

    生命保険会社は、顧客に約束した保障責任を全うすることが最大の使命だ。 今年3月、日本生命の執行役員…
  5. 2017-6-1

    アフラック メディカルノートに出資

    アメリカンファミリー生命保険は31日、医療従事者によるウェブメディアを運営するメディカルノートと資本…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る