節税PRでない 日生社長が強調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険の清水社長は3日、節税対策として人気を集めている「法人向け定期保険」について、「税制は一つの特徴だが、提案のときは企業の事業承継や退職金準備といった本来の保障の意味合いをきちんとお伝えしている」と説明。

税効果を売り物にしているわけではない、と強調した。

大阪市内で開いた総代会で述べた。

(朝日新聞 2018/07/04)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-7

    生保アプリ 健康手助け 契約者以外も無料

    生保各社が、健康増進をサポートするスマートフォン向けアプリを相次いで公開している。 目標の歩数をク…
  2. 2018-4-24

    日生、指紋・顔・声で契約者を識別

    ​日本生命保険が生体認証による本人確認サービスを導入することが23日、分かった。 早ければ7月にも…
  3. 2017-6-14

    MS&ADインシュアランスグループホールディングス社長柄沢康喜さん 環境人材育成

    環境省による「環境人づくり企業大賞」の環境大臣賞を受賞したMS&ADインシュアランスグループ…
  4. 2017-3-6

    2.相続対策関連知識②

    【関連知識】生前贈与の特例 直系尊属からの教育資金の一括贈与の特例 平成25年4月1日から平成3…
  5. 2017-7-3

    ラジオ体操コンクール

    ​かんぽ生命は「第4回全国小学校ラジオ体操コンクール」への参加チームを募集している。 ​「日ごろの…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る