節税PRでない 日生社長が強調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険の清水社長は3日、節税対策として人気を集めている「法人向け定期保険」について、「税制は一つの特徴だが、提案のときは企業の事業承継や退職金準備といった本来の保障の意味合いをきちんとお伝えしている」と説明。

税効果を売り物にしているわけではない、と強調した。

大阪市内で開いた総代会で述べた。

(朝日新聞 2018/07/04)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-9

    マニュライフ生命 外貨建て保険の取り扱い30行に

    マニュライフ生命保険は8日、毎月積み立てる保険料を外貨で運用する個人保険年金「こだわり個人年金(外貨…
  2. 2018-7-25

    第一生命、みずほ銀など4社が提携

    第一生命保険とみずほ銀行などは24日、「フィンテック」や「インシュアテック」と呼ばれる金融、保険とI…
  3. 2017-4-21

    「生命保険販売の心理学」~心が動けば欲しくなる

    生命保険販売の心理学 人の心を動かし購買行動を喚起する はじめ…
  4. 2017-6-6

    ひまわり生命と提携(マネーフォワード 将来資産を予測)

    家計簿アプリなどを手掛けるマネーフォワードは、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命と提携する。 ​マネ…
  5. 2018-6-7

    17年度下期の第3分野・損保窓販実績

    地域金融機関の2017年度下期の「第3分野・損保窓販実績」(回答ベース)がまとまった。 医療・がん…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る