節税PRでない 日生社長が強調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険の清水社長は3日、節税対策として人気を集めている「法人向け定期保険」について、「税制は一つの特徴だが、提案のときは企業の事業承継や退職金準備といった本来の保障の意味合いをきちんとお伝えしている」と説明。

税効果を売り物にしているわけではない、と強調した。

大阪市内で開いた総代会で述べた。

(朝日新聞 2018/07/04)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-22

    生保、国内外でM&A

    新中計 成長基盤を構築 ​大手生命保険2社の新たな中期経営計画が2017年度から始まる。日銀のマイ…
  2. 2017-3-6

    3.みなし贈与財産

    みなし贈与財産とは 贈与とは、「あげます」「はい、いただきます」という双方合意の契約です。 …
  3. 2017-9-11

    日生アンケート、将来不安から増額傾向 ゆとり老後月35万円必要

    18日の敬老の日を前に、日本生命は8日、老後の生活に関する契約者へのアンケート結果を発表した。 将…
  4. 2017-3-9

    3.生命保険の経理・税務

    保険料の経理処理は、保険種類や保険期間、受取人により変わります。 本来は、解約払戻金の部分を資産計…
  5. 2017-5-29

    生保、健康管理アプリ競う

    スマートフォンの便利なアプリを駆使し、消費者の生活習慣を点検したうえで、万が一のリスクを軽くできない…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る