日生、「税務基本方針」策定 大手生保で初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は31日、「税務基本方針」を策定したと発表した。

国内市場の低金利で海外取引が増える中、税に対する取り組みや基本姿勢を示し、コーポレートガバナンスやコンプライアンスの向上を図るのが狙い。

国内では大手損害保険や信託銀行、商社などが税務基本方針を定めているが、大手生保は初の取り組み。

同社の税務基本方針では税法の順守を明記し、適正な納税に向け社内体制を整備し、職員、役員の教育を強化するとしている。

さらに、グループ会社や海外企業などとの取引の際には、移転価格税制などに従い、租税回避を意図した取引は行わないとした。

(日刊工業新聞 2018/08/01)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-20

    地銀経営は360度で点検 金融庁、ガバナンス浸透把握

    金融庁の遠藤俊英長官は日本経済新聞のインタビューで、金融機関のガバナンス(統治)体制の検証に一段と踏…
  2. 2017-2-21

    第一生命保険が日本調剤と提携

    第一生命保険とネオファースト生命保険は20日、日本調剤と業務提携したと発表した。 日本調剤の調剤薬…
  3. 2017-3-10

    コミュニケーションは受け手がきめる

    スマホが水没して使えなくなってしまいました。しばらく情報アナログ人間になりましたが、なぜか爽やかな時…
  4. 2017-4-6

    お風呂でおぼれる人

    自力でお風呂に入れる人が、一体なんで浴槽で溺死してしまうのでしょうか?  普通のお風呂は、70セン…
  5. 2018-6-7

    日生、SDGsファンドに50億円投資

    ​日本生命保険は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に関連した企業の株式で運用するファンドに50億…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る