日生、「税務基本方針」策定 大手生保で初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は31日、「税務基本方針」を策定したと発表した。

国内市場の低金利で海外取引が増える中、税に対する取り組みや基本姿勢を示し、コーポレートガバナンスやコンプライアンスの向上を図るのが狙い。

国内では大手損害保険や信託銀行、商社などが税務基本方針を定めているが、大手生保は初の取り組み。

同社の税務基本方針では税法の順守を明記し、適正な納税に向け社内体制を整備し、職員、役員の教育を強化するとしている。

さらに、グループ会社や海外企業などとの取引の際には、移転価格税制などに従い、租税回避を意図した取引は行わないとした。

(日刊工業新聞 2018/08/01)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-22

    法人向け生命保険営業 目次

    法人向け生命保険営業 目次 Ⅰ.法人保険へのチャレンジ   1.法人保険とは   2.法人…
  2. 2017-7-11

    日本郵政社長長門正貢さん 良いM&A

    「M&A」は目的にはしていない。 大事なことは日本郵政という企業のパフォーマンスを上げるこ…
  3. 2017-3-13

    ​サービス産業型のマネジメント:とがった個性を生かして(ライフネット生命 出口社長)

    マネジメントに求められるのは、部下の適性と能力を見極め、得意とする仕事をやらせることだ。 適性を欠…
  4. 2017-3-6

    1.生命保険を活用した相続(税)対策パターン

    生命保険を活用した相続(税)対策パターンは大きく分類すると下記の3パターンになります。 各パターン…
  5. 2017-9-29

    日本生命 米運用会社へ出資へ 取締役派遣も検討

    日本生命保険が米国の資産運用会社TCWに出資する方向で優先交渉に入ったことが27日、分かった。 株…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る