日生からの受託拡大 米TCW 代替投資分野の運用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険が2017年度に出資した米大手運用会社TCWのデビット・リップマン最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞の取材で、年内にもオルタナティブ(代替投資)分野で日生から運用資産を受託する考えを明らかにした。

将来的には数百億円規模に拡大する方針だ。

リップマン氏は代替投資分野でTCWが新たに組成したファンドについて、「米国の機関投資家向けに販売を拡大するにあたり、日生の資金を提供してもらう」と述べた。

具体的には米国の中小企業に融資するファンドや中小企業の株式を中心に投資する「中小型ロングショート」ファンドなどに日生が投資する。

TCWは現在、日生の資産約10億ドル(約1100億円)分の運用を受託している。

リップマンCEOは「日生とTCWには共通の価値観があり、独立した運用会社として一緒にやっていきたいと強く感じている」と指摘。

数値目標は設けず、今後も安定的に受託額の拡大を図る考えを示した。

(日本経済新聞 2018/06/21)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-15

    貯蓄型保険販売 外貨建てを軸に(明治安田生命)

    明治安田生命保険は、今後の貯蓄型保険の販売の主力を「外貨建て」に移す方針だ。 円建ての貯蓄型保険は…
  2. 2017-5-1

    かんぽ生命、値上げを好機に

    ​かんぽ生命が4月に保険料を値上げしたものの、新規客の獲得で予想外に健闘している。 ​関係者は、4…
  3. 2017-2-27

    9.先に弱点を見せ、相手から大きな信頼を得る

    お客さまにおススメしたい自社商品があるとき、このような言い方で納得を得る方法があります。 「この医…
  4. 2018-8-7

    増大し続ける介護費用

    介護給付費と介護保険料 ★介護給付費  00年度3.6兆円→15年度9.8兆円 ★65歳以上の…
  5. 2017-5-25

    がんにならない!ための予防法 6項目

    日本ではおよそ「2人に1人」ががんになると言われ「3人に1人」ががんで亡くなっています。 (がんの…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る