日生からの受託拡大 米TCW 代替投資分野の運用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険が2017年度に出資した米大手運用会社TCWのデビット・リップマン最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞の取材で、年内にもオルタナティブ(代替投資)分野で日生から運用資産を受託する考えを明らかにした。

将来的には数百億円規模に拡大する方針だ。

リップマン氏は代替投資分野でTCWが新たに組成したファンドについて、「米国の機関投資家向けに販売を拡大するにあたり、日生の資金を提供してもらう」と述べた。

具体的には米国の中小企業に融資するファンドや中小企業の株式を中心に投資する「中小型ロングショート」ファンドなどに日生が投資する。

TCWは現在、日生の資産約10億ドル(約1100億円)分の運用を受託している。

リップマンCEOは「日生とTCWには共通の価値観があり、独立した運用会社として一緒にやっていきたいと強く感じている」と指摘。

数値目標は設けず、今後も安定的に受託額の拡大を図る考えを示した。

(日本経済新聞 2018/06/21)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    3.情報の価値を上げる

    もし、がんになったとしたら、まず何を望むでしょうか。 いろいろあると思いますが、がん患者は、がんを…
  2. 2017-3-10

    人と自分は違う

    人と自分は違う かつて単独営業マンだったころ、上司に、営業の1から10まできめ細かく教えられたこと…
  3. 2017-6-15

    第一生命HD滋賀大と連携

    第一生命ホールディングスはデータサイエンティストの育成を目的に滋賀大学と産学連携協定を締結した。​ …
  4. 2018-7-10

    18年度の生保運用、苦境続く

    2017年度の生命保険大手5社の一般勘定(団体年金区分)の運用利回りは、単純平均で1.93%と16年…
  5. 2017-7-5

    カーディフ生命保険日本代表久米保則さん おもてなしの心

    「最近は茶道にはまっている」と語るのは、カーディフ生命保険日本代表の久米保則さん。​ 同社は住宅ロ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る