保険 健康でお得に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康な人ほどお得になる保険商品が相次いで発売されている。

東京海上日動あんしん生命保険が昨年11月に発売した「あるく保険」は、2年間、1日8000歩以上歩くと保険料の一部が戻ってくる仕組みだ。

スポンサーリンク


半年ごとに1日の平均歩数を計算し、2年後、8000歩を上回った期間の長さに応じて最大で月額保険料の1~2か月分が戻ってくる。

第一生命グループのネオファースト生命保険は、健康状態を示す「健康年齢」によって保険料が決まる「ネオde健康エール」を昨年10月に発売した。

体格指数、コレステロール値などの検査結果を入力すると、ビッグデータをもとにした健康年齢が算出される。

例えば、40歳の男性で、健康年齢が35歳の場合、健康年齢が40歳の人より約15%安くなる。

住友生命保険は今夏、スポーツイベントへの参加や健康診断の受診などでポイントがたまり、ポイント数に応じて翌年の保険料が決まる仕組みの保険を発売予定だ。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、加入して2年以上たった人の健康状態が、5年以内に改善すれば、保険料の割引や、健康祝い金が受け取れる商品を4月に発売する。

最大3回まで保険料を段階的に下げることができる。

チューリッヒ生命は、たばこを吸わず、血圧が基準の範囲内の人には、割安な保険料を適用する死亡保険を販売している。

(読売新聞 2018/02/13)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-10

    承認欲求って、結構強いもんだよ

    会社の中には、長やリーダーがいます。 この人たちを中心に、いろいろなプログラムが組まれ、仕事が進行…
  2. 2017-8-21

    大手生保「陣取り」加速 代理店出資・買収相次ぐ

    大手生命保険会社が、他社商品も含めて複数の保険を取り扱う「販売代理店」に相次ぎ出資している。 若い…
  3. 2017-12-22

    保険の銀行窓販解禁10年(全体の1割にとどまる)

    銀行窓口での保険商品販売が全面解禁され、22日で10年を迎える。 取り扱う商品の幅は広がってきたが…
  4. 2017-11-8

    健康増進保険 開発相次ぐ

    運動や健康的な食事でメリットが得られる「健康増進保険」の開発・販売が活発だ。 東京海上日動あんしん…
  5. 2018-11-9

    SOMPO、海外送金・決済に参入 保険と組み合わせ

    SOMPOホールディングスは2019年にも企業間の海外送金・決済事業に参入する。 仮想通貨を活用し…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る