トンチン年金 契約増 長生きリスクに備え 「子に負担かけたくない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早く死ぬと損が大きい代わりに長生きするほど多くの年金を受け取れる「トンチン年金」が注目されている。

​昨年4月に販売を始めた日本生命の契約件数は4万件を超え、第一生命も今年3月から販売を開始した。

人生100年時代が視野に入る中、「長生きリスク」に備える保険へのニーズが今後高まりそうだ。

日本生命が販売する「グランエイジ」は、50~87歳が加入対象で、「終身」か「10年確定」のいずれかの方法で年金を受け取れる。

第一生命も今年3月、同様の仕組みの「ながいき物語」の販売を開始した。

業界上位2社が導入したことで、従来の主力である死亡保障から、長生き保障へのシフトが進む可能性もある。

(毎日新聞 2017/06/23)

スポンサーリンク



 

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-24

    ③プレゼンテーション・クロージングのポイントまとめ

    1、必要保障額や見込み客の意向に基づいて設計したプランであることをわかりやすく示し、必要な準備として…
  2. 2017-5-8

    生保各社の「イデコ」 独自サービスで差別化

    生命保険会社が個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の取り組みを強化している。 ​ イデコは加入…
  3. 2017-9-11

    日生アンケート、将来不安から増額傾向 ゆとり老後月35万円必要

    18日の敬老の日を前に、日本生命は8日、老後の生活に関する契約者へのアンケート結果を発表した。 将…
  4. 2018-8-30

    投資教育の支援強化 第一生命、動画教材を充実

    第一生命保険は、同社の企業型確定拠出年金(DC)の利用企業に提供する投資教育支援サービスを強化する。…
  5. 2018-8-21

    東京海上、中小企業社員向け保険

    ​東京海上日動火災保険と人材サービスのネオキャリア(東京・新宿)は、中小企業の従業員向けの保険商品や…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る