トンチン年金 契約増 長生きリスクに備え 「子に負担かけたくない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早く死ぬと損が大きい代わりに長生きするほど多くの年金を受け取れる「トンチン年金」が注目されている。

​昨年4月に販売を始めた日本生命の契約件数は4万件を超え、第一生命も今年3月から販売を開始した。

人生100年時代が視野に入る中、「長生きリスク」に備える保険へのニーズが今後高まりそうだ。

日本生命が販売する「グランエイジ」は、50~87歳が加入対象で、「終身」か「10年確定」のいずれかの方法で年金を受け取れる。

第一生命も今年3月、同様の仕組みの「ながいき物語」の販売を開始した。

業界上位2社が導入したことで、従来の主力である死亡保障から、長生き保障へのシフトが進む可能性もある。

(毎日新聞 2017/06/23)

スポンサーリンク



 

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-8

    脱転勤へ地域社員の待遇改善 明治安田生命

    国内は少子化で労働人口が年々減少し、都市圏への人口集中と地方の過疎化が進む。 全国に拠点を置く企業…
  2. 2017-3-9

    2.企業会計その(2)

    借対照表はB/Sと言われます。 Balance Sheetの略で、貸借対照表の構造をあらわした言葉…
  3. 2017-4-7

    利益、海外比率倍に 明治安田、10年後めど15%

    ​明治安田生命の根岸秋男社長は6日、「10年後をめどに利益に占める海外事業の割合を15%程度まで高め…
  4. 2017-3-6

    1.生前贈与の必要性

    相続税と贈与税について 財産を相続すると、その財産には相続税が課税されます。そのため、相続税の負担…
  5. 2017-4-24

    生保協会 会長に橋本氏

    生命保険協会は根岸秋男会長の後任に、住友生命保険社長の橋本雅博氏を内定した。​ 7月21日開催の臨…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る