銀行窓販で「トンチン」年金 T&Dフィナンシャル生命、シニア層に訴求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​​

T&Dフィナンシャル生命保険は、一時払い型の長寿生存年金保険「長寿プレミアム」を17日に発売する。

据え置き期間中の死亡保険金などを抑制することで、年金原資を増やせる「トンチン性」を持たせたことが特徴。銀行など金融機関の窓口販売向けに売り出す。

据え置き期間中の災害死亡保険金は保険料の100%だが、これに該当しない場合の死亡保険金や解約払戻金は保険料の70%と大幅に抑制した。

これにより、据え置き期間満了後の年金原資が増加する。低金利で長生きに備えた資産形成が難しくなる中で、シニア層を中心に訴求する。

年金は、確定年金、保証期間付終身年金、年金原資確保型終身年金の3種類から選択し受け取れる。

運用通貨は円のほか、豪ドルや米ドルも選べる。契約年齢は55―90歳で、保険料は300万―7億円以下に設定した。

(日刊工業新聞 2018/07/11)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-2

    ビッグデータ専門家を争奪

    大量の情報を収集・分析する「ビッグデータ」の活用が、保険業界に広がってきた。 ドライブレコーダーの…
  2. 2017-2-27

    5.人に頼みごとをするときは理由をつける

    「人に頼みごとをするときは理由をつけると成功しやすい」ということがあります。 「高いものイコール良…
  3. 2017-4-27

    生保の資産運用 脱「安全志向」

    高リスク投資、各社が組織再編 ​低金利による運用難に苦しむ生命保険各社が、リスクの高い投資を専門に…
  4. 2018-1-15

    FPの立場に加えて、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)の立場を持つ

    FPとしてお客様とかかわっていく上でお客様の人生に対してリスクマネジメントの提案を行うことは大切です…
  5. 2018-9-25

    保険会社で健康チェック…血糖値など有料で測定

    ​明治安田生命保険は医療サービス会社「ケアプロ」(東京)と業務提携し、来年1月から、血液検査を中心と…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る