銀行窓販で「トンチン」年金 T&Dフィナンシャル生命、シニア層に訴求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​​

T&Dフィナンシャル生命保険は、一時払い型の長寿生存年金保険「長寿プレミアム」を17日に発売する。

据え置き期間中の死亡保険金などを抑制することで、年金原資を増やせる「トンチン性」を持たせたことが特徴。銀行など金融機関の窓口販売向けに売り出す。

据え置き期間中の災害死亡保険金は保険料の100%だが、これに該当しない場合の死亡保険金や解約払戻金は保険料の70%と大幅に抑制した。

これにより、据え置き期間満了後の年金原資が増加する。低金利で長生きに備えた資産形成が難しくなる中で、シニア層を中心に訴求する。

年金は、確定年金、保証期間付終身年金、年金原資確保型終身年金の3種類から選択し受け取れる。

運用通貨は円のほか、豪ドルや米ドルも選べる。契約年齢は55―90歳で、保険料は300万―7億円以下に設定した。

(日刊工業新聞 2018/07/11)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-23

    生保協会会長に稲垣氏

    ​生命保険協会は20日の理事会で、橋本雅博会長(住友生命保険社長)の後任に第一生命保険の稲垣精二社長…
  2. 2018-9-25

    日生、保険代理店仲介サイトの運営VB買収

    ​日本生命保険は、保険販売代理店仲介サイトを運営するベンチャー企業を買収する。 月内にも決議する。…
  3. 2017-2-22

    明治安田 健康経営支援で基本合意

    健康関連ITベンチャーのFiNC(フィンク、東京都千代田区)と明治安田生命保険 両社は、21日、企…
  4. 2018-8-3

    介護・医療 利用者負担こう変わる 高額療養費制度 見直し

    医療費の自己負担に上限を設ける高額療養費制度。 医療の高度化で、年齢を重ねるほど1人当たりの医療費…
  5. 2017-4-25

    明治安田生命、新中計始動 商品開発M&A積極化

    明治安田生命保険は2019年度に保険料等収入や基礎利益をそれぞれ20%アップを目指す新たな中期経営計…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る