家計の知恵 長生きで多く トンチン年金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「トンチン年金」と呼ばれる新しい個人年金保険が注目されている。

あまり長生きできなかった場合は損をするが、年金の受取額は通常より多い。

スポンサーリンク


生きている限り年金をもらえる「終身年金」を選べば、長生きするほど受取総額が膨らむ。

昨年4月、日本生命が国内では初の商品として「グランエイジ」を発売。第一生命も今春、「ながいき物語」を投入した。

基本的な仕組みは同じだ。通常の個人年金では、保険料払込期間中に契約者が死亡すると、払い込んだお金が全額戻る。

しかし、これらの商品では、契約者が途中で死亡した場合や、解約した時は払い込んだ金額の約7割しか戻らない。

払戻金をカットすることで、通常より手厚い年金の支払にあてる。

(読売新聞  2017/05/30)

​日本生命ニュースリリース http://www.nissay.co.jp/news/2015/pdf/20160317.pdf

第一生命ニュースリリース http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2016_090.pdf

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-25

    生保健康診査 テレビで 大同 業界初の導入

    ​T&DHD傘下の大同生命は2月から、テレビ電話を活用して、医師の健康診査なしで高額の生命保…
  2. 2017-9-7

    日生、定年65歳に延長へ

    内勤1万5000人 33年度実施検討​ ​日本生命保険は5日、内勤社員の定年を60歳から65歳に引…
  3. 2017-5-16

    第一生命、当期益29%増

    第一生命ホールディングスが15日発表した2017年3月期連結決算は、経常収益が前年比12.0%減の6…
  4. 2017-6-27

    ソニー生命 豪生保の買収検討

    ソニー生命保険は出資する豪生命保険会社クリアビュー・ウェルスの買収を検討する方針だ。​ 経済紙オー…
  5. 2018-11-6

    三井住友海上プライマリー、外貨建て終身保険発売 死亡保険金3年間増加

    ​三井住友海上プライマリー生命保険は5日、運用する外貨を選択できる終身保険を発売した。 契約時の外…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る