【トップは語る】T&Dホールディングス 生命保険のネット販売も検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

T&Dホールディングス社長・上原弘久さん(56)

学習院大卒。1984年太陽生命保険入社。取締役専務執行役員、T&Dホールディングス副社長などを経て、2018年4月1日から現職。長野県出身。


--1日付で社長に就任した

「当社はシニア世代にフォーカスした総合的な生命保険グループとして成長してきた。傘下の太陽生命保険では、認知症保険や長寿生存保険などが好調だ。大同生命保険では、中小企業の高齢経営者に向け、健康増進や事業承継といったニーズに応える商品やサービスを提供してきた。持ち株会社の発足から今月で15年目に入った。ここからさらに新しい収益の源泉を作っていきたい」

--新しい収益の源泉のイメージとは

「ペット保険事業のペット&ファミリー少額短期保険の収入保険料は2、3年後に50億円を超える見通しだ。そのタイミングで、現在の少額短期保険会社から損害保険会社に移行したい。ペットはシニアに生きがいをもたらす存在だ。グループの付加価値を上げるため戦略的な活用を考えたい。また、若い世代との接点を増やすため、生命保険のインターネット販売も検討したい」


--資産運用の力をどのように引き上げていくか

「今の日本の低金利環境は中期的にボディーブローのように効いてくる。毎年、償還される数千億円の資金を再投資するにしても、利回りはさらに落ちていく。今まで取ってこなかった運用リスクの手法を取ったり、海外社債への投資を強化するなど、資産運用の高度化に取り組みたい。運用部門の人材育成も強化する」

--今後の商品戦略は

「健康や長生きリスクに対応した商品を年に2、3個ずつ出していかないと、シニア向けのトップブランドを維持できない。問題は銀行窓口販売を中心としたT&Dフィナンシャル生命保険だ。銀行窓販では外貨建て保険の販売競争が激化している。グループ各社から商品開発力のノウハウを移植するなどT&Dフィナンシャルの底上げを図りたい」

(フジサンケイビジネスアイ 2018/04/10)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-24

    住友生命と明治安田 4月保険料一部値上げ

    住友生命保険と明治安田生命保険は23日、保険料を毎月支払う平準払い型の保険商品について、4月から保険…
  2. 2017-3-1

    4.安定成熟期

    4.安定成熟期 安定成熟期とは成長期を経て、多少の経営上のリスクがあっても、会社の体力で事業が…
  3. 2017-9-23

    eラーニングで資格対策 FP継続対策にもうってつけ

    年間14万人以上で利用されているeラーニングサイト【資格対策ドットコム】 「FP」など、受験者数が…
  4. 2017-9-7

    日生、定年65歳に延長へ

    内勤1万5000人 33年度実施検討​ ​日本生命保険は5日、内勤社員の定年を60歳から65歳に引…
  5. 2017-5-2

    第一生命 個別開示へ(株主総会での決議権行使)

    ​第一生命保険は、投資先企業の株主総会で各議案投じた賛否を個別に開示する方針を決めた。 ​第一生命…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る