超低金利時代に耐える商品を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険の筒井義信社長が8日、朝日新聞のインタビューに応じ、「超低金利時代にも耐えうる新しい保険商品の開発を進める」との考えを明らかにした。

​日生など生保各社は今春、日本銀行のマイナス金利政策に伴う運用悪化を受けて、貯蓄型の終身保険や学資保険を一斉に値上げした。

スポンサーリンク


日生は昨年4月、銀行窓口で取り扱っていた貯蓄型保険の一部の販売も停止したが、筒井氏は今後の商品展開について「商品ラインアップを守るため、少なくとも売り止めはしない」と強調した。

そのうえで、貯蓄型保険に比べて運用環境に左右されにくい、長生きに備えた生前給付型保険や、少子化など社会的課題に対応した保険の開発を進める方針を明らかにした。

 
(朝日新聞  2017/05/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-22

    保険料が全額戻る医療保険も

    4月2日以降に結ぶ契約から、貯蓄性のある生命保険の保険料は、多くのケースで値上がりしています。 保…
  2. 2017-2-27

    4.生命保険におけるコレクター精神

    特に記念切手を集めるといった収集癖がなかったとしても、人は誰でもコレクター精神を持ち合わせています。…
  3. 2018-6-7

    日生、SDGsファンドに50億円投資

    ​日本生命保険は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に関連した企業の株式で運用するファンドに50億…
  4. 2017-11-14

    日生がアンケート 働き方改革業種で差

    日本生命保険は13日、23日の「勤労感謝の日」に先立ち、勤労・仕事に関するアンケートを実施した。 …
  5. 2017-9-22

    仮想ロボ導入 生損保で続々

    保険会社で、定型的な事務作業を自動化するコンピュータプログラム「RPA」の導入が活発だ。​ 日本生…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る